小学館IDについて

小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼント にお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
閉じる ×

「看取り」に関する記事一覧

本人の希望に寄り添った新田さん
新田恵利さんが明かす母の介護と看取り「フルマラソンを走りきった充実感」後悔しない最期の迎え方
 死ぬ瞬間に後悔するのは「家族」のことだ。今際の際に浮かぶ「ああすればよかった」「こうしておけばよかった」という圧倒的な後悔。悔いのない最期を迎えるためにできることは何だろう。母…
2024.03.08 07:00
くらたま10
倉田真由美さん「すい臓がんの夫と余命宣告後の日常」Vol.10「亡くなる3日前の日のこと、そして後悔」
 漫画家の倉田真由美さんは、夫で映画プロデューサーの叶井俊太郎さんが逝去されたのは、2024年2月16日。亡くなる3日前、夫婦ふたり並んで映画を見て過ごした夜のこと――今も後悔していること…
2024.03.06 20:00
転院しようとした矢先、父危篤との連絡が。家族は慌てて病院へ【実家は老々介護中 Vol.39】
転院しようとした矢先、父危篤との連絡が。家族は慌てて病院へ【実家は老々介護中 Vol.39】
 81才になる父は、がん・認知症・統合失調症と診断され、母が在宅介護をしています。美容ライターの私と3歳上の兄は、実家に通って母を手伝っています。終末期の父を家で看るのが難しくなり、…
2024.03.06 16:00
孤独感が後悔につながることもある
「40年連れ添った夫がひとり旅先で急逝」実例に学ぶ<悔いのない最期の迎え方>を看取りのプロが解説
 どんな資産家にも、名誉ある人にも、最期の時は平等に訪れる。死が目前に迫ったとき、多くの人が心残りに思うのは「家族」のことだという。「いい人生だった」「ちゃんとお別れできた」と深…
2024.03.05 07:00
エレガーノ甲南のフロント
幸福度の高い最期を迎えるために!緩和ケア・看取りも対応している「介護付有料老人ホーム」2選【兵庫県・神奈川県版】
 人生100年時代、納得のいく最期を迎えたいと考える人が増えている。施設で迎えるならば人によって異なる病状や介護、希望に寄り添い、看取りまで行ってくれる施設が安心だ。人生の最後を過ご…
2023.08.10 07:00
ベッドで手を握っている写真
「いい死ほどあっけなく、静か」1000人を看取った看護師が語る“幸せな最期”を迎えるための6つの要素|実例に学ぶ自分らしい最期の迎え方
 君たちはどう生きるか──そんな問いが話題になっている。日本人の平均寿命は男女ともに80才を超え、いつまでも充実した人生を送るために生き方を問うことはたしかに重要だ。しかし、それと同…
2023.08.08 07:00
訪問医療を受けている女性の写真
住み慣れた自宅で「最期を迎える」5つのポイント|本人の意思は書面で、かかりつけ医を見つけておく等
 亡くなる場所の選択肢が増えているにもかかわらず、圧倒的に自宅以外の場所で最期を迎える人が多い。それが「当たり前」だと思っていないだろうか。事前の準備さえできていれば、家族に見守…
2022.05.11 07:00
医師が患者に寄り添っている写真
幸せな看取りを全うした人に共通すること「頼れる医療従事者、相性のいいケアマネ、看取り士のサポート」
 国を挙げて在宅医療が推進され、その在宅で息を引き取る人の数が増えるに従い、少しずつひずみが生まれている。自宅で幸せな最期を迎えるためにいま、知っておきたいことを専門家に伺った。 …
2022.03.18 07:00
看取り士が見守り、寄り添うことで本人も家族も豊かな最期が叶った実例
看取り士が見守り、寄り添うことで本人も家族も豊かな最期が叶った実例
 余命宣告を受けた本人やその家族からの依頼を受けて、彼らの遺された時間を充実させ、死への恐怖を和らげ、最期は抱きしめて看取ることを促す看取り士。豊かで温かい死を迎えるために活動す…
2022.03.16 07:00
最期は病院か自宅か 杉田かおるさんと菊田あや子さんの選択「幸せな看取りを叶えるためにしたこと」
最期は病院か自宅か 杉田かおるさんと菊田あや子さんの選択「幸せな看取りを叶えるためにしたこと」
“ホーム、スイートホーム”“やっぱりわが家がいちばん”―住み慣れた家が最も居心地のいい場所だという認識は世界共通のものであり、それは最期の時であっても同様だ。施設や病院から自宅に引き取…
2022.03.15 17:00
“看取り士”という職業 今、求められる「旅立つ人とその家族が温かい最期を迎えるために寄り添う」人たち
“看取り士”という職業 今、求められる「旅立つ人とその家族が温かい最期を迎えるために寄り添う」人たち
 余命宣告を受けた本人やその家族からの依頼を受けて、彼らの遺された時間を充実させ、死への恐怖を和らげ、最期は抱きしめて看取ることを促す「看取り士」。まだ聞きなれない読者も多いかも…
2022.03.09 07:00
旅立つ人・見送る人、どちらも幸せと思える最期を迎えるために…看取り士が伝えたい「死生観と命のバトン」
旅立つ人・見送る人、どちらも幸せと思える最期を迎えるために…看取り士が伝えたい「死生観と命のバトン」
「看取り士」という人々をご存じだろうか。これは、一般社団法人の『日本看取り士会』(2012年設立)会長の柴田久美子さんが名付けた職業で、死を意識した時から旅立つ人のエネルギーが生きて…
2022.03.02 07:00
(写真/PIXTA)
最期の14日間を安らかに過ごすために必要な7つのこと「救急車呼ばない」「ディグニティノートをつける」「歯と髪のケアする」他【医師解説】
 すべての人にいつかは必ず訪れる、人生の幕引きの瞬間。眠るように逝く人もいれば、病気で苦しみながら逝く人もおり、その最期もさまざまだ。それまでの人生がどんなに豊かでも、最期の14日…
2022.02.01 07:00
Home nursing care, home medical care.
I take the hand of the old woman sitting and measure her pulse.
Aging society.
An elderly woman is sitting on the sofa at home.
自宅で最期を迎える4つの準備と心構え 終末期にかかる費用は在宅なら病院の5分の1
 コロナ禍は、病床ひっ迫や家族の面会禁止など、病院の脆さを浮き彫りにした。それにより、自宅で最期を迎えたいと考える人も増加傾向にある。では、実際に在宅医療を選んだ時にかかる費用は…
2021.10.26 07:00
(写真/PIXTA)
安心して「自宅で最期」を迎える3ステップ ケアマネ・かかりつけ医の選び方、介護保険の使い方まで
 病院での感染リスク、病床ひっ迫、家族の面会禁止など、コロナ禍によって病院の脆さが浮き彫りになった。在宅医療が見直される中、人生の最期をどこで迎えるべきなのか考える人が増えている…
2021.10.21 07:00

最新記事

お弁当
女性ホルモン力を強化<お弁当2週間チャレンジ>【火曜日】メインのおかずでたんぱく質をしっかり摂取
「女性ホルモン力」アップ弁当!
婦人科医解説!女性ホルモン力を底上げする3つの主力栄養素がたっぷり入ったお弁当レシピ2週間【月曜日】
納豆マニア4名
70商品を食べて決定「納豆Best3」&「200円以上贅沢納豆Best6」発表!納豆の賢人こだわり味変も紹介
それぞれのイチオシポイントを比較してあなたにぴったりの柔軟剤を見つけよう
一般家庭の8割が使っているからこそ知っておきたい!絶対役に立つ【柔軟剤】の選び方や使い方「2種を混ぜて使ってもOKか」
暮らし
猫が母になつきません 第403話「めいわく」
猫が母になつきません 第403話「めいわく」
連載
初めての葬儀は不安になることも多い。だからこそ事前に準備をしておきたい
調査で判明した<葬儀の変化>コロナ後は家族葬が50%、一般葬は5%増、費用も8万円増へ
ニュース
くらたまさん25
倉田真由美さん「すい臓がんの夫と余命宣告後の日常」Vol.33「切なくて、手放せない夫の遺品」
ニュース
紙幣の肖像が変更へ
20年ぶり新紙幣発行へ「旧札が使えなくなり新札と交換するので振り込んで」の<高齢者詐欺被害>に要注意!80代女性の実例相談
暮らし
変わりだれ納豆
納豆の<たれ>が進化中!変わりだれ納豆・Best10を判定「お酢、たまご醤油、あおさ、多彩なたれが大集合」
血液中の老廃物や塩分をろ過し、尿として排出する機能を持つ腎臓
改めて考えたい「紅麹サプリの問題点」腎機能障害のリスクや課題を医師が解説「腎臓は重大疾患の元凶だった」
健康
赤いドレスを着た吉川幸枝さん
「歩く100億円」実業家・吉川幸枝さん(88才)美と健康を保つ5つの習慣「私の体は”だし”でできている」
暮らし
弁護士の執筆者と、たろべえさん
「障害のある家族をいつまで家族が面倒みるのか?」法律家が手がけた注目の2冊を元ヤングケアラーがレポート
暮らし
ひきわり納豆
栄養たっぷり<ひきわり納豆>マニアが選ぶ商品Best10「香り高い粒は納豆茶漬けにもぴったり」
工藤家のポータブルトイレ
認知症の母の介護で愛用する「ポータブルトイレ」の掃除が劇的にラクになった神アイテム2選
連載
あさりと納豆の韓国風スープ
1食でたんぱく質が10g以上!朝食にしたいレンチンスープレシピ9選「あさりと納豆の韓国風」「鮭とベーコンの和風ポトフ」他【管理栄養士監修】
ミツカン『くめ納豆 秘伝金印』
極小粒納豆を実食採点!Best10を発表。1位は本場水戸で人気の品 話題の健康効果+の商品も紹介
兄がボケました~若年性認知症の家族との暮らし【第255回 突然、寝たきり状態に!】
兄がボケました~若年性認知症の家族との暮らし【第255回 突然、寝たきり状態に!】
連載
NOオイル25スライダー
「慢性膵炎とともに生きる母の決意」NO老いるLIFE~母と娘のほんわか口福日誌~第25話
連載
納豆ごはん
プロ厳選!小粒納豆ランキング発表|堂々1位は「たれを入れても大豆の味の濃さが感じられる」新潟の老舗の商品
意図せぬ体重減少は筋力低下の可能性も
中高年はやせ型よりぽっちゃりに見える方が健康!OVER60の健康新常識7選
暮らし
「娘にワガママな孫の世話を押しつけられてヘトヘト・・・」お礼も言わない娘に困り果てる女性に毒蝮三太夫がズバリ!アドバイス|「マムちゃんの毒入り相談室」第59回
「娘にワガママな孫の世話を押しつけられてヘトヘト・・・」お礼も言わない娘に困り果てる女性に毒蝮三太夫がズバリ!アドバイス|「マムちゃんの毒入り相談室」第59回
ニュース
鯛となすの梅スープ
レンチン1回4分で完成<超速スープ>肉や魚にプラス2品「忙しい朝におすすめ」【島本美由紀さん】
納豆を食べる女性
最高の<納豆・中粒>ランキングBest7「1位は秋田の大豆リュウホウ、豆の食感がたまらない!」
吉川幸枝さん
年商100億の実業家・吉川幸枝さん(88才)極貧からの逆転人生「120才まで生きたい。いつもいまがピーク」
暮らし

シリーズ

介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
神田神保町に誕生した話題の介護付有料老人ホームをレポート!24時間看護、安心の防災設備、熟練の料理長による絶品料理ほか満載の魅力をお伝えします。
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
老人ホーム(高齢者施設)の種類や特徴、それぞれの施設の違いや選び方を解説。親や家族、自分にぴったりな施設探しをするヒント集。
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
話題の高齢者施設や評判の高い老人ホームなど、高齢者向けの住宅全般を幅広くピックアップ。実際に訪問して詳細にレポートします。
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
介護食の基本や見た目も味もおいしいレシピ、市販の介護食を食べ比べ、味や見た目を紹介。新商品や便利グッズ情報、介護食の作り方を解説する動画も。
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の困りごとの一つに“ニオイ”があります。デリケートなことだからこそ、ちゃんと向き合い、軽減したいものです。ニオイに関するアンケート調査や、専門家による解決法、対処法をご紹介します。
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
話題のタレントなどの芸能人や著名人にまつわる介護や親の看取りなどの話題。介護の仕事をするタレントインタビューなど、旬の話題をピックアップ。
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護保険制度の基本からサービスの利用方法を詳細解説。介護が始まったとき、知っておきたい基本的な情報をお届けします。
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
数々ある介護のお悩み。中でも「排泄」にまつわることは、デリケートなことなだけに、ケアする人も、ケアを受ける人も、その悩みが深いでしょう。 ケアのヒントを専門家に取材しました。また、排泄ケアに役立つ最新グッズをご紹介します!