小学館IDについて

小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼント にお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
閉じる ×
連載

猫が母になつきません 第405話「おだやか」

 医療法第1条の4第2項「医師、歯科医師、薬剤師、看護師その他の医療の担い手は、医療を提供するに当たり、適切な説明を行い、医療を受ける者の理解を得るよう努めなければならない。(※1)」

 医療行為をする場合、医師は必ず患者本人から同意を得なければなりません(インフォームド・コンセント)。でも患者が認知症の場合はだれから同意をもらうのか? 現在このことについてきちんとした法律はなく、医師の裁量や家族の判断によって行われています。「家族の判断」といっても医師でない私が軽々しく医療行為について意見したり判断することはできない。当然そういうものだ、と思っていました…かつては。

 母に処方された薬は《向精神薬》です。《向精神薬》には抗精神病薬、抗うつ薬、抗不安薬、気分安定薬、睡眠薬、抗痙攣剤などがあります。どれも認知症を治療するものではありません。BPSD(※2)と呼ばれる認知症の行動・心理症状のなかで、母のは妄想、睡眠障害、徘徊の症状がありました。これらの症状を抑えるために《向精神薬》が処方されました。活発だった母はだんだん動けなくなり、ぼーっとして言葉も出にくくなりました。ある日施設に面会に行くと車椅子で出てきて呂律も回っていませんでした。《向精神薬》は主に脳に作用する薬です。母は私に「なんだかおかしいの」と言いました。薬で自分の体が思うようにならなくなっていることにこの頃は自覚があり、そのことをたぶん必死で訴えていました。

 医師は最初薬について「気分がおだやかになる薬を出しますね」とだけ言いました。副作用についての説明はありませんでした。後に調べるとそれらの薬にはふらつき、筋肉のこわばり、眠気などの副作用があり、なかには過鎮静、認知機能低下などの副作用があるため高齢者への投与に注意喚起されている強い薬もありました。それは「とんぷく」と呼ばれ《不穏》の症状がはげしいときに飲ませることとされていましたが、母は毎日服用していました。

 これらのことは私がすべてのことに疑念を持ちはじめてからわかったことです。それまでの私は医療は善意のもとに行われていると思っていました。医療従事者の知人に、あなたは疑いすぎだ、みんな患者さんにはよくなってもらおうと思ってやっている、と怒られたこともあります。その時はそうなのかもしれない、と思いました。そうであってほしいと思った。しかし今の私はもっと強く、もっと早く疑念を持つべきだったと思っています。彼らの言う「おだやか」も、彼らの言う「適切」も、私の「おだやか」や「適切」とは真逆のものでした。

 医師は薬によって母が動けなくなったり、会話ができなくなったりする可能性があることを最初のインフォームド・コンセントで私に知らせるべきだったと思います。「その施設で安全に過ごすためにはいたし方ない」と納得して薬を飲ませるのか、他の施設に移るのか、一旦家に戻るのか、正しいインフォームド・コンセントがされていればそのときにはたくさんの選択肢がありました。

 12年前の私へ「疑念を持っていい。相手がだれであろうとも」

※1(厚生省HP《医療法》https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=80090000&dataType=0&pageNo=1
※2(Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia 厚生省HP《BPSD:認知症の行動・心理症状》https://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/dl/s0521-3c_0006.pdf

【関連の回】

●第367話「ふおん_その1」

●第368話「ふおん_その2」

●第369話「ふおん_その3」

●第370話「左大腿骨骨折」

作者プロフィール

nurarin(ぬらりん)/東京でデザイナーとして働いたのち、母と暮らすため地元に帰る。ゴミ屋敷を片付け、野良の母猫に託された猫二匹(わび♀、さび♀)も一緒に暮らしていたが、帰って12年目に母が亡くなる。猫も今はさびだけ。実家を売却後60年近く前に建てられた海が見える平屋に引越し、草ボーボーの庭を楽園に変えようと奮闘中(←賃貸なので制限あり)。

前の話を読む

「猫が母になつきません」を最初から読む

 

ニックネーム可
入力されたメールアドレスは公開されません
編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

この記事へのみんなのコメント

  • お辛いですね

    訴訟を考えてみられては…

  • Miy

    家族ののことで、入院ののち在宅医療を選んだ者です。もう見送りましたが、入院中は主治医ファーストで、看護師さん地域連携相談員も対応して、患者の家族の意見は受け流されること多かったです。 在宅医療になると、ケアはそれなりに大変ですが、自分の要望に、往診医も看護師さんも、介護レンタルのかたも迅速に対応してくれて、恐縮するぐらいでした。 家族は見送りましたが、病院と在宅では患者側の主導権がこんなに違うんだな、という経験をしました。 シェアできればと思い、投稿しました。 ぬらりんさんの今回の経験や経緯、きちんと知りたいです。連載してくださって感謝です。

最近のコメント

シリーズ

介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
神田神保町に誕生した話題の介護付有料老人ホームをレポート!24時間看護、安心の防災設備、熟練の料理長による絶品料理ほか満載の魅力をお伝えします。
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
老人ホーム(高齢者施設)の種類や特徴、それぞれの施設の違いや選び方を解説。親や家族、自分にぴったりな施設探しをするヒント集。
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
話題の高齢者施設や評判の高い老人ホームなど、高齢者向けの住宅全般を幅広くピックアップ。実際に訪問して詳細にレポートします。
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
介護食の基本や見た目も味もおいしいレシピ、市販の介護食を食べ比べ、味や見た目を紹介。新商品や便利グッズ情報、介護食の作り方を解説する動画も。
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の困りごとの一つに“ニオイ”があります。デリケートなことだからこそ、ちゃんと向き合い、軽減したいものです。ニオイに関するアンケート調査や、専門家による解決法、対処法をご紹介します。
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
話題のタレントなどの芸能人や著名人にまつわる介護や親の看取りなどの話題。介護の仕事をするタレントインタビューなど、旬の話題をピックアップ。
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護保険制度の基本からサービスの利用方法を詳細解説。介護が始まったとき、知っておきたい基本的な情報をお届けします。
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
数々ある介護のお悩み。中でも「排泄」にまつわることは、デリケートなことなだけに、ケアする人も、ケアを受ける人も、その悩みが深いでしょう。 ケアのヒントを専門家に取材しました。また、排泄ケアに役立つ最新グッズをご紹介します!