連載

兄がボケました~若年性認知症の家族との暮らし【第221回 出費3000円で学んだこと】

 ライターのツガエマナミコさんは、一緒に暮らす若年性認知症を患う兄の施設入居に向けて準備を進めています。まずは、ショートステイでお試しすることが決まりました。今回は、兄不在のツガエ家で起きたハプニングのお話です。

  * * *

冷凍庫のバスケットを洗ったら、あら大変

 ショートステイ3泊4日はあっという間に終わってしまいました。

 兄がいぬ間に区役所に行ったり、一人で映画を観たり、友だちと焼き鳥を食べたり、お墓参りをしたり、一人カラオケをしたり、書類をシュレッダーにかけたり、時間をかけてレンジ周りやお風呂場のお掃除などをしたツガエでございます。ずっとやりたくてできなかったことが心置きなくできてたいへん有意義だったことは確かなのですが、一番のトピックは「冷凍庫」のお掃除でございました。

 冷蔵庫の中のパーツは年に一度は取り外して洗っているのですが、冷凍庫に関しては、恥ずかしながら購入した2018年から拭き掃除オンリー。メインバスケットを外して洗ったことがなかったのでございます。否、じつを申しあげると「これ取れるんだ!」と今回初めて気づいた次第でして、「えいやぁっ」と取り外して長年の汚れを洗い流したわけでございます。

 キレイになったメインバスケットをルンルン気分で元に戻して、「さぁ、これで終わり」と思ったときに悲劇が起こりました。引き出し式の扉がもうちょっとのところで閉まらないのでございます。「え?」となり、再び取り外して戻してみましたが、やっぱり閉まりません。何かが当たっている感じはあるのに、何が当たっているのかわからない。何度も外しては入れしている間に外に出していた大量の冷凍食品は順調に自然解凍されてゆくではないですか。慌てて冷蔵庫に避難させたものの解凍は止まりません。

 取扱説明書を見ても取り外すときのイラストはあるのに、戻し方に関してはひと言も言及されておらず、メーカーのお客様相談室に電話してみても「平日にお掛け直しください」という旨のテープが流れるだけ。そう、その日は運悪く日曜日だったのでございます。

 途方に暮れ、インターネットでも検索してみましたが、手がかりを見つけられず、「このままじゃ、冷凍庫が使えない……」と脂汗が噴き出してまいりました。

 最後の頼みの綱は近所にただ一つ残っている電気屋さんでございます。数か月前、部屋の照明器具が切れたときにもお世話になったマイヒーロー(189回)

→189回を読む

「どうかお休みではありませんように」と祈りながら電気屋さんに向かうと、燦然と輝くがごとくガラスの扉が開いておりました。でも我が家の冷蔵庫は家電量販店で購入したもの。申し訳ない気持ちで事情を説明したところ、「とりあえず見ないとわからない。出張費5000円かかりますけど、それでも良ければ」と準備を整えてすぐ来てくださいました。徒歩5分の出張費にしては高いですが、こちらとしてはいくらでもいいから助けてほしかったので、ありがたい気持ちでいっぱいになりました。

 それほどの大事件だったのに、電気屋さんがいらっしゃったら、ものの30秒で問題は解決。なんと、メインバスケットの向きが逆だっただけ。「え―っ!それだけですか? すみませ~ん!」と叫んでしまいました。「3000円でいいですよ」と出張費を負けていただき、あっけなく大事件が解決いたしました。

 閉まらないものをなんとかして押し込もうと大汗をかき、「ちょっと逆向きに入れてみよう」という発想にこれっぽっちもならなかった自分を恥じました。思い込みの恐ろしさ、柔軟な発想の大切さを3000円と引き換えに学んだツガエでございます。

 ちなみに、兄は施設でも排泄の粗相はしたようですが、概ね穏やかに問題なく過ごしたようでした。戻ってきたときには、我が家に初めてきたような顔をしておりましたが、翌日にはすっかり元通り。わたくしにとっても、いつもの毎日が戻ってまいりました。

 3泊とはいえ、兄のいない数日を味わってしまっただけに、前にも増してこの毎日がうっとうしく思えるようになってしまいました。早く入居させたいという気持ちが加速しております。

 ただ施設入居のためには、少々詳しく兄の状況を書いた書類を提出しなければならないとのこと。先日ケアマネさまからその用紙が届き、内容を拝見しましたら、一気に不安になってまいりました。そのお話しは次回といたしましょう。

◀前の話を読む 次の話を読む

この連載の一覧へ!

文/ツガエマナミコ

職業ライター。女性60才。両親と独身の兄妹が、8年前にそれぞれの住処を処分して再集合。再び家族でマンション生活を始めたが父が死去、母の認知症が進み、兄妹で介護をしながら暮らしていたが、母も死去。そのころ、兄の若年性認知症がわかる(当時57才、現64才)。通院しながら仕事を続けてきた兄だったが、ついに退職し隠居暮らしを開始。病院への付き添いは筆者。

ニックネーム可
入力されたメールアドレスは公開されません
編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

この記事へのみんなのコメント

  • hidden

    他県のサービスセンターから車で1時間半かけて来てくれるならともかく、「徒步5分」だと思ってみれば、5000円はちょっと高いなと感じるのはごく普通の感覚だと思う。 それを正義の味方ヅラして批判して、ヤフコメ感覚でマウントとるのがそんなに気持ちいいのかと思うと、まあ、気持ちいいんだろうな(そもそもバカになんかしてないし)。 ただまあ、この「出張費」は「交通費」でもないし、その間の「時給相当」でもないのでしかたがないだろう。 現物を見てもらって、それで「じゃあ修理やめる(通販で安く買う)」みたいなことが横行したから、いまは「見積もり」も有料になっているしね。

  • 田中一好

    5000円の出張費が高い? プロの職人呼んどいて金払うの当たり前でしょ? 3000円にまけてもらってありがたいと感謝するべき 自分がプロの漫画家で 適当に何か書いて って言われて金貰わないの? 職人をバカにする前に自分の無知をバカだと思った方がいいよ

  • RI-ちゃん

    マナミコさん、ウフフあるあるですよ! 私も何回も同じようのことで汗をかいています。 部品を外した時、なんにも考えていなかった、と、後で何度後悔したことか! どっちが上? どっちが下向き? こっちが表でこっちが裏?ということも・・ 掃除機も換気扇も・・・ 人にとってはなんでもないことでしょうけどねえ。 ウン、いろいろ大変なことありますよね。 寒暖差の大きい秋です。 お体お大切に。

シリーズ

介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
神田神保町に誕生した話題の介護付有料老人ホームをレポート!24時間看護、安心の防災設備、熟練の料理長による絶品料理ほか満載の魅力をお伝えします。
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
老人ホーム(高齢者施設)の種類や特徴、それぞれの施設の違いや選び方を解説。親や家族、自分にぴったりな施設探しをするヒント集。
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
話題の高齢者施設や評判の高い老人ホームなど、高齢者向けの住宅全般を幅広くピックアップ。実際に訪問して詳細にレポートします。
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
介護食の基本や見た目も味もおいしいレシピ、市販の介護食を食べ比べ、味や見た目を紹介。新商品や便利グッズ情報、介護食の作り方を解説する動画も。
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の困りごとの一つに“ニオイ”があります。デリケートなことだからこそ、ちゃんと向き合い、軽減したいものです。ニオイに関するアンケート調査や、専門家による解決法、対処法をご紹介します。
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
話題のタレントなどの芸能人や著名人にまつわる介護や親の看取りなどの話題。介護の仕事をするタレントインタビューなど、旬の話題をピックアップ。
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護保険制度の基本からサービスの利用方法を詳細解説。介護が始まったとき、知っておきたい基本的な情報をお届けします。
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
数々ある介護のお悩み。中でも「排泄」にまつわることは、デリケートなことなだけに、ケアする人も、ケアを受ける人も、その悩みが深いでしょう。 ケアのヒントを専門家に取材しました。また、排泄ケアに役立つ最新グッズをご紹介します!