小学館IDについて

小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼント にお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
閉じる ×
暮らし

安藤和津さんが娘たちに伝える終活「死に化粧はつけまつげを忘れずに」

 日本は少子高齢化が進み要介護者の増加、介護者の高齢化が社会問題となっている。エッセイスト・コメンテーターの安藤和津さん(74才)は、50代から突然、母親の在宅介護が始まり、うつ症状に悩まされた経験をもつ。母親の壮絶な介護の経験踏まえて、安藤さんが今ふたりの娘たちと共有している「終活」について教えてくれた。

心の準備がないまま始まった母親の介護生活

「まさか、50代から母の介護が始まるとは夢にも思いませんでした」

 こう話すのは、エッセイストやコメンテーターとして活躍する安藤和津さん(「」内以下同)だ。 

 安藤さんは40代後半から、実母の様子に異変を感じていた。50代のはじめには、母にテニスボール大の脳腫瘍があることが判明。以降、母を83才で見送るまで、約10年に及ぶ在宅介護に尽力してきた。

 その影響で安藤さんもうつ症状に悩まされるようになり、症状から解放されたのは、母親が他界した約9年後の69才のときだった。

「私の場合、長女(映画監督の安藤桃子)と次女(俳優の安藤サクラ)がそれぞれ高校生、中学生になり、やっとつきっきりで子育てをしなくてもいい状況になったところで、母の奇行が始まったのです。

 たとえば母が作ってくれた娘のお弁当にいつも腐ったものが詰まっていたり、私のママ友に私の悪口を吹き込んだり。それが脳の病気のせいだとは知らず、母に対してある種の憎悪のような感情を抱いてしまいました。いまでこそ、脳の病気についてはよく知られるようになりましたが、20年前は医師ですらまだ認知症を理解しきれていない時代で、病名がわかるまで時間がかかりました」

 安藤さんの母親は、シングルマザー。女手一つで料亭を営み、頭脳明晰で記憶力も行動力も抜群だった。そんな人がなぜという思いと憎しみの間で、

「クソババア、死ね!」

 などとひとりで叫んだこともあったとか。だからこそ、一連の行動が脳腫瘍に起因する認知症のせいだったとわかったときは後悔の念にさいなまれた。

「その後悔から、自分の身を削ってでも母を介護しなくては、と極端な考えに走ってしまったわけです。そんなことをしていたら、もちろん私にも限界が来ます。24時間体制で介護してくれるヘルパーさんを活用しようと思っても、当時は介護ビジネスも黎明期。介護スキルやサービスもいまほどきちんと整っておらず、ヘルパーさんに頼んだことで、かえって状態が悪化し、母が寝たきりになってしまいました。あのときは私の心労も重なり、八方ふさがりに。睡眠が2時間の日が続き、心身ともにボロボロでした」 

50代で突然訪れた「人生の落とし穴」

 50代にして突然訪れた怒濤の介護生活で、安藤さんは、人生どこに落とし穴があるかわからないと悟った。

「介護なんて自分には遠い先のことと思えるかもしれませんが、50代から情報や知識を蓄えておくことが大切です。また、やりたいことや、どうしようか迷っていることがあるなら、すぐにチャレンジを。未来に実現できる保証はありませんから」

 安藤さんの夢見ていた50代は、子供たちとスキーやシュノーケリングを楽しんだり、ジムやダンス教室に通って体を鍛えたり。しかし、子育てや仕事に追われて延ばし延ばしにしているうちに、急に介護生活が始まり、それどころではなくなってしまった。

「すべてが落ち着いたいま、ひざが痛いだの何だのと肉体的な不具合が多すぎて、やりたいことのほとんどができません。本を読みたくてたくさん買うのですが、老眼が進んで文字を読むこと自体がつらくなってしまいました。『思い立ったが吉日』とはよくいったもので、これしたい、あれしたいと思ったら、すぐに行動を起こした方がいいと思います。40才を過ぎたら、転がり落ちるようなスピードで肉体は年を取るんですから」

60代を楽しむために終活は今日から始めるつもりで

 母の介護経験を踏まえて安藤さんが実行したことがある。それは、2人の娘たちと、自身の行く末について意見を交わしておくことだ。 

「母は60代で意思の疎通もままならなくなりました。自分だっていつどうなるかわかりません。娘たちには私と同じことはさせたくないから、万が一私に認知症の症状が表れたら、すぐに施設に入れてほしいと伝えています」

 延命治療のことや、死後のことなど家族に伝えておくべきことはたくさんある。今日から始めるつもりで行動に移したい。

「私が葬儀ではミラーボールを吊り下げてオールディーズの曲をガンガンかけて、平服で参列するように呼び掛けて、とにかく派手に楽しく見送ってね。死に化粧はつけまつげを忘れずになんて言うと、長女はハリウッドから特殊メイクをしてくれる人を連れてきてバッチリ死に化粧をしてあげるわと言ってくれます(笑い)。そういうふうに、暗くなりがちな終活の話は冗談を言い合えるうちに、話しておく方がいいんじゃないかしら

 まだ早いなどと思わず50才になったら終活を進め、ゆとりある60代を迎えたい。

教えてくれた人

安藤和津さん/エッセイスト・コメンテーター。NHKCNNでキャスターを務めた後、テレビ・ラジオなど多数の番組にコメンテーターとして出演。自身の介護体験などをテーマにした講演会も行う。著書に『介護後うつ~「透明な箱」脱出までの13年間~』(光文社)など。

取材・文/桜田容子

女性セブン202311日号
https://josei7.com/

●親を看取った芸能人【まとめ】安藤和津、大竹しのぶ、名取裕子…想いを語る

●安藤和津さんが『バランス献立』をお試し!「介護食はこんなに美味しく進化したのね」

●ピンキラ今陽子さん、95歳認知症の母の在宅介護で抱える葛藤を吐露「完璧主義だった自分を見直してます」

ニックネーム可
入力されたメールアドレスは公開されません
編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最近のコメント

シリーズ

介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
神田神保町に誕生した話題の介護付有料老人ホームをレポート!24時間看護、安心の防災設備、熟練の料理長による絶品料理ほか満載の魅力をお伝えします。
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
老人ホーム(高齢者施設)の種類や特徴、それぞれの施設の違いや選び方を解説。親や家族、自分にぴったりな施設探しをするヒント集。
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
話題の高齢者施設や評判の高い老人ホームなど、高齢者向けの住宅全般を幅広くピックアップ。実際に訪問して詳細にレポートします。
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
介護食の基本や見た目も味もおいしいレシピ、市販の介護食を食べ比べ、味や見た目を紹介。新商品や便利グッズ情報、介護食の作り方を解説する動画も。
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の困りごとの一つに“ニオイ”があります。デリケートなことだからこそ、ちゃんと向き合い、軽減したいものです。ニオイに関するアンケート調査や、専門家による解決法、対処法をご紹介します。
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
話題のタレントなどの芸能人や著名人にまつわる介護や親の看取りなどの話題。介護の仕事をするタレントインタビューなど、旬の話題をピックアップ。
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護保険制度の基本からサービスの利用方法を詳細解説。介護が始まったとき、知っておきたい基本的な情報をお届けします。
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
数々ある介護のお悩み。中でも「排泄」にまつわることは、デリケートなことなだけに、ケアする人も、ケアを受ける人も、その悩みが深いでしょう。 ケアのヒントを専門家に取材しました。また、排泄ケアに役立つ最新グッズをご紹介します!