連載

兄がボケました~若年性認知症の家族との暮らし【第241回 オニの居ぬ間の息抜きツガエ】

 若年性認知症の兄と2人暮らし、その生活の一切をサポートしているライターのツガエマナミコさん。兄の症状が進行し、施設入居を申し込んだものの、入居を断れられ、気持ちも体も休まることがない日々です。そんな中、ショートステイに兄が出かけ、つかの間の休息日がマナミコさんにやってきました。

 * * *

兄、ショートステイ。わたくし、幼なじみと居酒屋

 兄が4泊5日のショートステイに行っている間に、6時間半というロング一人カラオケを全力で楽しんだツガエでございます。いや~、歌いまくりました。演歌からボーカロイドまで自己満足重視でわがままに歌い散らかしてまいりました。やはりカラオケは一人で行くに限ります。

 お店を出る頃には月夜の街。ほぼ1日をカラオケ店でつぶす背徳感が妙に心地よく感じられました。しかも、その足で小学4年生からの幼なじみと待ち合わせて5ヶ月ぶりにいつもの居酒屋へ直行です。なんでもない世間話を焼き鳥が焼ける炭火の匂いと煙で白んだ空気の中でするのが、これまた極上の背徳感でして・・・。

 わたくしはほぼお酒を飲まないのですが、幼なじみがだんだん酔っぱらっていくのを観察しながらネギマやツクネを頬張る時間が好きなのでございます。ご両親(90歳前後)と同居する彼女もいろいろ溜まっているようで、互いに愚痴っぽくなるのもいつものこと。正解を求めるでもなく、ああだこうだと言っていることが、箱をトントンと揺らしてデコボコに荒れた表面を平らにするような効果があるように思います。

 でも贅沢をしたのは、その1日だけで、兄のいない食事は残り物ばかり。「賞味期限切れのものや残り野菜をとりあえずお腹に入れてしまえ」とせっせと摂取いたしました。

 この1週間で一番のビッグニュースは、1月2日の羽田空港での飛行機衝突事故に、知っているカメラマンが乗っていたということでございます。最近取材で会った別のカメラマンから「あの飛行機に〇〇さんが乗っていたって聞きました? 北海道の実家に行って帰ってきたところで、家族全員で乗っていたそうですよ」と聞いてあのニュースが急に我が事のように感じられました。あの事故では、奇跡的に旅客機の乗客は全員無事だったのですが、人はいつどうなるか分からないということを、また改めて思わされました。

 その話を、飛行機をよく利用する先の幼なじみにしたところ、「でも飛行機事故の確率は車の事故より圧倒的に低いんだよ。もし当たっちゃったらしょうがないよ」とあっけらかんと言い放ち、近々また飛行機に乗る話をしておりました。確かに、歩道を歩いていても車に突っ込まれるのですから、飛行機を避けてもあまり意味がございません。還暦を過ぎると(還暦以下の方々も?)、みんな肝が座ってくるのかもしれません。

 さて、ショートステイからのご報告では、兄は特別問題なく過ごしたようで、次回も利用させていただけそうでございます。「ショートステイは何カ所か使っていたほうがいい」というケアマネさまからのご提案で、今回のショートステイはお初の施設。事前のお打ち合わせで排泄の心配を何度も申し上げたので、頻繁にトイレ誘導していただいたようでございます。夜の寝つきはやはり浅めなようで、深夜の巡回ではベッドで寝ていたり、椅子で休んでいたりしていた旨が記されていました。報告書には毎日の体温、血圧、脈拍、毎食の食事量と水分量の記録もあり、施設によって微妙に違うものだなぁと思いました。

 両足にすこし浮腫みがあるという記載もありました。わたくしも兄の足の色が悪い日があるなと思っていたので、自分の気のせいだけではないと確信いたしました。今は普通に戻っているので浮腫みが頻繁になってきたらデイケアでの診察をお願いしようと思います。

 昨日の朝は兄の特大お便さまがお出ましになりました。ショートステイ中はなかったと聞いたので、かれこれ10日振りぐらいのお便さまと思われます。形のしっかりしたタイプで紙パンツの中から出ることはなく、後始末も簡単でございました。ただ、巨大な上に粘土のような質感だったのでトイレで流れなかったのには爆笑。2~3つに割ってやっと流した次第でございます。やはりお便さまはほどよい固形が一番! これからもこうしたお便さまでありますように願うばかりでございます。

◀前の話を読む 次の話を読む

この連載の一覧へ!

文/ツガエマナミコ

職業ライター。女性60才。両親と独身の兄妹が、8年前にそれぞれの住処を処分して再集合。再び家族でマンション生活を始めたが父が死去、母の認知症が進み、兄妹で介護をしながら暮らしていたが、母も死去。そのころ、兄の若年性認知症がわかる(当時57才、現65才)。通院しながら仕事を続けてきた兄だったが、ついに退職し隠居暮らしを開始。病院への付き添いは筆者。

イラスト/なとみみわ

●介護者が病気になったら|無理をしないために備えておきたい3つのこと

●「ショートステイ」とは? 利用条件、介護保険は使える? サービスや費用を徹底解説

●ショートステイを賢く利用するコツ<1>~プロが教える在宅介護のヒント~

ニックネーム可
入力されたメールアドレスは公開されません
編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

この記事へのみんなのコメント

  • のもとおでん

    服の花柄が60年代ヒッピーですねえ

  • 3月だねえ

    ツガエさんの楽しげなご様子にホッとしました。 あまりの楽しさに見出しのわたくしがわたしくになってしまったのかしら。(なんか可愛くて好きです)どうか沢山気分転換なさってくださいね。もう充分、お兄さんのお世話をなさってきたのですからこれからも存分にご自分にご褒美をつかわしてください。今まで根気よく優しくお兄さんに接しておいでだったので、お兄さんも穏やかな性格を維持されているのだと思います。本当に素晴らしいです。もし今でもふとお兄さんの脳内が整う一瞬があるとしたら、とてもとてもツガエさんに感謝していると思います。ショートステイ先でもまめにお世話してもらえて良かったです。

最近のコメント

シリーズ

介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
神田神保町に誕生した話題の介護付有料老人ホームをレポート!24時間看護、安心の防災設備、熟練の料理長による絶品料理ほか満載の魅力をお伝えします。
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
老人ホーム(高齢者施設)の種類や特徴、それぞれの施設の違いや選び方を解説。親や家族、自分にぴったりな施設探しをするヒント集。
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
話題の高齢者施設や評判の高い老人ホームなど、高齢者向けの住宅全般を幅広くピックアップ。実際に訪問して詳細にレポートします。
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
介護食の基本や見た目も味もおいしいレシピ、市販の介護食を食べ比べ、味や見た目を紹介。新商品や便利グッズ情報、介護食の作り方を解説する動画も。
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の困りごとの一つに“ニオイ”があります。デリケートなことだからこそ、ちゃんと向き合い、軽減したいものです。ニオイに関するアンケート調査や、専門家による解決法、対処法をご紹介します。
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
話題のタレントなどの芸能人や著名人にまつわる介護や親の看取りなどの話題。介護の仕事をするタレントインタビューなど、旬の話題をピックアップ。
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護保険制度の基本からサービスの利用方法を詳細解説。介護が始まったとき、知っておきたい基本的な情報をお届けします。
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
数々ある介護のお悩み。中でも「排泄」にまつわることは、デリケートなことなだけに、ケアする人も、ケアを受ける人も、その悩みが深いでしょう。 ケアのヒントを専門家に取材しました。また、排泄ケアに役立つ最新グッズをご紹介します!