連載

兄がボケました~若年性認知症の家族との暮らし【第220回 明日からショートステイ!】

 若年性認知症を患う兄に施設入居に向け、準備を進めている妹のツガエマナミコさん。まずは、特別養護老人ホーム(特養)でショートステイのお試しをすることになりました。いよいよ明日からお泊まりにでかけるにあたり、マナミコさん自身も心の準備も必要な様子です。

 * * *

普通に暮らせるだけで幸せ

 昨日、夕食の支度をしていると、兄がキッチンにやってきておもむろにパンツをさげたので「ここはダメ! トイレはあっち!」とトイレまでお連れしたツガエでございます。こういう家族が世の中にはどれだけいるのでしょうか…。

 今朝の新聞も日本の高齢化を取り上げておりました。総人口に対する高齢者の割合が過去最高で、10人に1人は80歳以上。それに伴い高齢就業者数は過去最高となっているそうです。産業別にみると農業・林業の高齢化が目立っているとのこと。わたくしが生きている間に急激に社会や世界がゆがんできたように感じております。それとも、いつの時代もこうだったのでしょうか?

 誰が悪いというわけではなく、これが「個人の幸せ」を追い求めてきた結果のような気がしています。「平和ボケ」と言ってしまうと「じゃ戦争すればいいのか?」という議論になりがちですが、そうではなく、もうそろそろ利便性や効率化を追い求めるのは卒業して、ちょっと不便で面倒くさい暮らしがスタンダードになってもいいのではないかなぁと思うのでございます。生きることがもっと必死なことだったら、普通に暮らせるだけで幸せを感じられるのに、今は普通に暮らせるのは当たり前で、幸せは当たり前の外側にあると思いこまされているように思います。とはいえ、ツガエも自分の手に負えなくなってきた兄を施設に放り込み、自分だけ自由の身になろうとしているのですから、何の説得力もございませんが…。

 わたくしは今、兄がデイケアに行ってくれる日が幸せで、お便さま掃除をしなくて済む朝が幸せでございます。そして、兄に食事介助をしなければならなくなってから、ご飯を置いておけば残さず食べてくれた頃は幸せだったのだとつくづく感じております。

 世の中を見れば、もっともっと大変な状況で介護をされている方がたくさんいらっしゃいます。申し訳ないことですが、兄がこういうタイプの認知症でなくてよかったと思うような方もYouTubeで拝見いたしました。兄はだいぶ言葉数が少なくなって、何がしたいのか、何を言いたいのかがわからなくなってまいりましたが、素直で癇癪を起すこともなく、食事も口までもっていけばパックリ口を開けてくれます。

 そんな兄を介護するわたくし妹は、着々と施設入居に向かって進んでおります。昨日、ケアマネさまに入居に必要な手続き書類の調達をお願いいたしました。

 明日から兄は特別養護老人ホーム(特養)3泊4日のショートステイでございます。ケアマネさまのお話しでは、今回のショートステイのあと、長めのショートステイ(最大3か月)を契約できたら、そのまま入居へとつながるだろうとのこと。そんなにうまくいくでしょうか?

 特養の待機者が多いのはどうやら一番お安い多床室タイプの施設で、明日兄が利用する個室タイプの施設の場合は、比較的入りやすいとのこと。そう、兄には低所得者の証「介護保険負担限度額認定証・第2段階」という強い味方があるので、多少割高の施設でも格安で利用できるのでございます。預貯金の多い親世代の方々は、きっと低所得者の証が取得できないので、多床室タイプが人気なのかもしれません。

→関連記事:第215回「施設に入ってほしい」と告げた日

→関連記事:第217回 特養ショートステイを予約しました!

 そんな施設入居の話やショートステイの話を兄の目の前で繰り広げておりましたが、兄は「ふんふん」と他人事のようにうなずきながら聞いておりました。おそらく何もわかっていないのでございましょう。明日のことを変に説明すれば異変を感じて「行かない」と言い出しかねないので、いつものデイケアの要領で「車がお迎えにくるから行こう」と騙し打ちする予定でございます。わたくしがいつもと違う雰囲気を出してしまわないようにしなければ…と、すでに舞台前の女優の心境でございます。子どもや犬などもそうですが、言葉はわからなくても案外そういうことの察知能力は高いものなのですよね。女優ツガエ、頑張ります!

◀前の話を読む 次の話を読む

この連載の一覧へ!

文/ツガエマナミコ

職業ライター。女性60才。両親と独身の兄妹が、8年前にそれぞれの住処を処分して再集合。再び家族でマンション生活を始めたが父が死去、母の認知症が進み、兄妹で介護をしながら暮らしていたが、母も死去。そのころ、兄の若年性認知症がわかる(当時57才、現64才)。通院しながら仕事を続けてきた兄だったが、ついに退職し隠居暮らしを開始。病院への付き添いは筆者。

イラスト/なとみみわ

介護施設・サービス検索

●認知症で要介護4の母がトイレの便座を汚してしまう!困った息子がたどりついた悩みの解決法

●認知症治療に期待の新薬「レカネマブ」対象者は?いつ使える?治療の最前線をレポート!

●ひとり暮らしの認知症高齢者を狙った貴金属買取・自宅改修詐欺が急増!実例から学ぶ対策方法と便利な制度とサービス15選

ニックネーム可
入力されたメールアドレスは公開されません
編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

シリーズ

介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
神田神保町に誕生した話題の介護付有料老人ホームをレポート!24時間看護、安心の防災設備、熟練の料理長による絶品料理ほか満載の魅力をお伝えします。
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
老人ホーム(高齢者施設)の種類や特徴、それぞれの施設の違いや選び方を解説。親や家族、自分にぴったりな施設探しをするヒント集。
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
話題の高齢者施設や評判の高い老人ホームなど、高齢者向けの住宅全般を幅広くピックアップ。実際に訪問して詳細にレポートします。
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
介護食の基本や見た目も味もおいしいレシピ、市販の介護食を食べ比べ、味や見た目を紹介。新商品や便利グッズ情報、介護食の作り方を解説する動画も。
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の困りごとの一つに“ニオイ”があります。デリケートなことだからこそ、ちゃんと向き合い、軽減したいものです。ニオイに関するアンケート調査や、専門家による解決法、対処法をご紹介します。
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
話題のタレントなどの芸能人や著名人にまつわる介護や親の看取りなどの話題。介護の仕事をするタレントインタビューなど、旬の話題をピックアップ。
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護保険制度の基本からサービスの利用方法を詳細解説。介護が始まったとき、知っておきたい基本的な情報をお届けします。
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
数々ある介護のお悩み。中でも「排泄」にまつわることは、デリケートなことなだけに、ケアする人も、ケアを受ける人も、その悩みが深いでしょう。 ケアのヒントを専門家に取材しました。また、排泄ケアに役立つ最新グッズをご紹介します!