小学館IDについて

小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼント にお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
閉じる ×
暮らし

50才を過ぎたらやめるべき10のこと|朝食作り、深夜までの作業、明るめファンデーション…

 継続することは、必ず将来の自分にとって力となる。子供のときから教わってきたが、それは、若い頃に限った話かもしれない。更年期を迎え、女性の体が変わる節目となる50才を過ぎたらやめたほうがいいことを専門家に聞いた。

女性の50才はキーポイント

 50才を過ぎてまず見直したいのは健康面だ。医療ジャーナリストの増田美加さんは「女性の50才はキーポイント」と語る。

「日本人が閉経を迎える平均年齢は50.5才といわれています。閉経すると女性ホルモンはほぼゼロになり、それまで考えもしなかった病気や不調が起こりやすくなります」

 40代までは大病をせず、「病院嫌い」でやってきた健康自慢たちは考えを改めた方がいい。

 ほかにもまだある、50才をすぎたらやめたほうがいいことをピックアップしてまとめた。

50才過ぎたらやめることリスト10

【1】病院嫌い

 50才前後が発症のピークといわれる乳がんの検診は欠かせない。

 病院嫌いを改め、「乳がんの検診は、45~54才は毎年、55才以上は毎年、または隔年でマンモグラフィー検査を受けるようにしてください。また、女性の死亡率トップの大腸がんも、40代からリスクが上がっている。50才を過ぎたら、定期的に検診を受けることをおすすめします」(米ボストン在住の内科医・大西睦子さん)

→「認知症」「糖尿病」「動脈硬化」女性が今すぐ受けるべき“超最先端”検診・検査

【2】みそ汁を飲み干す

「閉経すると女性ホルモンが減少することから、血圧には要注意。塩分に気をつけないと血圧が上がる。

 ラーメンのスープはもちろん、みそ汁も野菜など具を盛りだくさんにして、汁の摂取量は極力減らして」(増田さん)

→高血圧対策に!新減塩法|月に1週間、1日5gの塩分量で過ごすだけで血圧を下げる方法

【3】深夜まで作業する

「若いうちは体内時計が狂ってもリセットされやすいが、50才を過ぎると修復が難しくなり、睡眠の質が悪くなると老化が進む。

 7時間睡眠も大事だが、仮に5時間しか睡眠できないとしても24時までに就寝することを意識して」(増田さん)

【4】朝食を作る

「育ち盛りの子供がいないなら、無理に早起きしてまで作る必要はない。

 自炊は家族が多ければ節約になるが、夫婦2人だと食品ロスが出やすい。インスタント食品や出来合いのもので簡単に済ませた方が経済的なケースもある」(ファイナンシャルプランナー・消費生活アドバイザー・丸山晴美さん)

→高齢者におすすめのコンビニ食品|手間なく食べられ栄養価が高いものを選ぼう!

【5】持ち家にこだわる

「自分の代でこの家は終わりだと思ったら、売却を視野に入れて。持ち家は固定資産税やメンテナンス費用がかかるだけでなく、時間が経つほど売れなくなることも」(丸山さん)

→高齢者の「終の住みか」新しい家を賃貸で探すのは難しい?

【6】昔話

「『この大学に入った方がいい』『こんな仕事に就いた方がいい』といった昔の常識は通用しなくなっている。

 昔話を情報提供のつもりで話すより、悩みを聞いて一緒に考える『相談役』になった方が親しみやすい存在になれる」(神経内科専門・医学博士・山下あきこさん)

【7】明るめトーンのファンデーション

「美白に見せたいからと若い頃と同じ明るさを選ぶと、シミが浮き出てしまう。

 30~40代に使っていたものより、ワントーン暗めのものを選ぶようにして」(美容師・ヘアメイクアップアーティスト・船津有史さん)

【8】なでるように髪を乾かす

「50代になると、髪のうねりやパサつきが気になり始めるが、それを抑えようとなでつけるようにドライヤーをあてるのはNG。

 トップがペタッとし、毛先が広がったAラインのシルエットになり、顔のたるみや大きさが強調されてしまう」(船津さん)

【9】まつげエクステ

「閉経後は全身の粘膜が乾きやすくなる。まつげエクステで使う接着剤などが目に入ると、ドライアイや眼精疲労のリスクが高まる。

 おしゃれな老眼鏡をかけたり、アイメイクの工夫で乗り切って」(増田さん)

【10】テレビの音量を上げる

「テレビの音が聴きづらくなったら、聴力低下のサイン。ついボリュームを上げてしまうが、大きい音は難聴リスクを高める。

 早めに補聴器を検討すべき。音は『脳』で判断されるため、高齢になってからでは脳が反応しづらくなり、補聴器をつけても効果が出づらくなる」(増田さん)

→初めての補聴器選びに必要な5つのこと|補聴器の値段は? 難聴って?

 50才を過ぎたら、新たなことに挑戦するためにも、余計なものは手放していきたい。

教えてくれた人

医療ジャーナリスト・増田美加さん、米ボストン在住の内科医・大西睦子さん、ファイナンシャルプランナー・消費生活アドバイザー・丸山晴美さん、神経内科専門・医学博士・山下あきこさん、美容師・ヘアメイクアップアーティスト・船津有史さん

※女性セブン2021年2月18・25日号
https://josei7.com/

●50代、60代からの食事のルール|年代に合った食品、食べ方、レシピ

●iDeCo・イデコ50代の加入3つの注意ポイント|年金制度改正によるメリットも

●50代からの靴選び…足に優しい靴5つの条件|足のアーチに合う靴って?

関連キーワード
ニックネーム可
入力されたメールアドレスは公開されません
編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

この記事へのみんなのコメント

  • なべやん

    世の中 女性中心で回る事は良い事だと思いますが 男性はどう生きていけばいいのかアドバイス頂ければ助かります。各分野で活躍されてらっしゃる方々 是非ご教授下さい。宜しくお願いします。

シリーズ

介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
神田神保町に誕生した話題の介護付有料老人ホームをレポート!24時間看護、安心の防災設備、熟練の料理長による絶品料理ほか満載の魅力をお伝えします。
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
老人ホーム(高齢者施設)の種類や特徴、それぞれの施設の違いや選び方を解説。親や家族、自分にぴったりな施設探しをするヒント集。
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
話題の高齢者施設や評判の高い老人ホームなど、高齢者向けの住宅全般を幅広くピックアップ。実際に訪問して詳細にレポートします。
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
介護食の基本や見た目も味もおいしいレシピ、市販の介護食を食べ比べ、味や見た目を紹介。新商品や便利グッズ情報、介護食の作り方を解説する動画も。
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の困りごとの一つに“ニオイ”があります。デリケートなことだからこそ、ちゃんと向き合い、軽減したいものです。ニオイに関するアンケート調査や、専門家による解決法、対処法をご紹介します。
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
話題のタレントなどの芸能人や著名人にまつわる介護や親の看取りなどの話題。介護の仕事をするタレントインタビューなど、旬の話題をピックアップ。
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護保険制度の基本からサービスの利用方法を詳細解説。介護が始まったとき、知っておきたい基本的な情報をお届けします。
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
数々ある介護のお悩み。中でも「排泄」にまつわることは、デリケートなことなだけに、ケアする人も、ケアを受ける人も、その悩みが深いでしょう。 ケアのヒントを専門家に取材しました。また、排泄ケアに役立つ最新グッズをご紹介します!