小学館IDについて

小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼント にお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
閉じる ×
連載

兄がボケました~若年性認知症の家族との暮らし【第255回 突然、寝たきり状態に!】

 ショートステイ先で突然倒れ、救急搬送された兄。幸い、大きな病気は見つからず帰宅することに。しかし、立てなくなった兄を一人で家に連れて帰ることができない妹のツガエマナミコさんは、ショートステイ先の職員にサポートを仰ぎます。なんとか無事に家まで帰ってこれた兄でしたが、その後も歩けない状態が続き、在宅介護の状況は大きな転機を迎えます。そんな中、申し込みをしていた特別養護老人ホームの人が面談にやってきました。

 * * *

あれよあれよと介護ベッドと車いすをレンタルすることに

 兄がショートステイで痙攣をおこして救急搬送された2日後、特別養護老人ホームの方が兄との面談のために我が家にご来訪されました。入居希望の書面に書いた内容と、状況がだいぶ変わってしまったので、施設の方もなんとも言えないようでございました。

 これまでの生活の様子を一通りお話し、ほんの数日前まで自由に歩き、食欲旺盛だったことをアピールいたしました。ただ今は立ち上がることはおろか、寝返りも打てない(打たそうとすると痛がって抵抗する)状態で、横向きのままで食事は全介助であることをお話ししました。そして数日後に主治医の診察予約を取ったことをお話ししたところ、「先生の診察の結果を待たないと何も決められませんね」という結論でお帰りになりました。

 ネックになったのは排せつ問題ではなく食事量の心配。「食べられない人は体調の維持ができないので、入居できません」とはっきりおっしゃいました。
 
 この頃は、まだ「これは一時的なもの。明日になったら立ち上がるかも」と淡い期待を持っておりました。でもさらに2日経っても動きません。

 床敷きのせんべい布団に寝たままなので食は極細。バナナや玉子焼きを1センチ角ほどに切って口の中に入れれば多少食べてくれますが、元気な頃の20分の1ぐらいでしょうか。ほぼ水しか飲んでいない状態が続き、オムツ交換もわたくし一人で頑張るしかございませんでした。「無理だ」とくじけそうな気持を奮い立たせ、ベテラン介護ヘルパーの魂を憑依させて難を乗り切りました。

「やればできるもんだ」と自分をほめたたえていると、ケアマネさまより「主治医の診察日には介護タクシーが必要だと思うので予約しますがいいでしょうか?」とご連絡がありました。

 さらに介護タクシーに乗るまでの道のりには車いすが必要で、車いすに乗せるためには、介護ベッドに寝てもらうことが先決だということになりました。

 あれよあれよという間に介護ベッドと車いすが納品され、メーカーの方々が兄の部屋にベッドを設置し、兄をベッドに寝かせてくださいました。

 ベッドと車いすのレンタルは1割負担で月2500円ほど。こうなる前からそろそろ介護ベッドにしなくちゃな~と思っていたところだったので、渡りに船でございました。すでに背中に床ずれ的な赤みができ始めていたので、柔らかいベッドになって一安心。背中を立たせることができるので水が飲ませやすく、食べ物も胃の方に落ちてくれるため、少し食べてくれるようになった気がいたしました。

 しかし、一難去ってまた一難。主治医の診察日は車いすが大問題になりました。車いすがというより、車いすに乗った兄が大問題だったのでございます。

 この日の朝には、兄としては初めて介護ヘルパーさまにオムツ交換や着替えをしていただきました。介護タクシーの方が、嫌がる兄を抱えてベッドから車いすに移乗して、なんとか無事に出発することができました。病院にも余裕をもって到着したのですが、このあと兄が車いすに座っている姿勢を保てないことが判明したのでございます。

  待合室に着いた頃には、お尻がどんどん前にズレ、座面に背中が付く感じ。今にも車いすからずり落ちんばかりの体勢になっていました。

 元の位置に戻そうとして両脇を持ち上げてもビクともしません。見かねた通りすがりの病院スタッフの方がズボンのウエスト辺りをグッと持って正しい位置に戻してくださったので本当に助かりました。でも、数分でまたズルズルとお尻が前にズレていき、足が地面についてしまう有様に…。するとまたどなたかが助けてくださり、一緒に座り直させてくださって…。この日は何度も何度もそれが繰り返されました。

 あるときは通りすがりの介護タクシーの運転手さん、またあるときは「ワタシ、カイゴヤッテル、ダイジョウブ」と言う外国人の方、「誰か呼んできましょうか?」と言って病院の人を連れて来てくださった方など、たくさんの方に助けられました。院内だったこともあるのでしょうが、世の中は意外と優しい人が多いんだな~と感じた1日でございました。

 さて、肝心の主治医・財前先生(仮)の診察ですが、それは次回にいたしましょう。相変わらずの財前節だったことだけはここでお伝えしておきます。

前の話を読む 次の話を読む

この連載の一覧へ!

文/ツガエマナミコ

職業ライター。女性61才。両親と独身の兄妹が、8年前にそれぞれの住処を処分して再集合。再び家族でマンション生活を始めたが父が死去、母の認知症が進み、兄妹で介護をしながら暮らしていたが、母も死去。そのころ、兄の若年性認知症がわかる(当時57才、現65才)。通院しながら仕事を続けてきた兄だったが、ついに退職し隠居暮らしを開始。病院への付き添いは筆者。

イラスト/なとみみわ

●介護タクシーとは「料金は?家族も乗れる?介護保険は使える?」|介護の疑問を専門家に直撃!

●注目の「古武術介護」でベッドから車いすへの移動をラクに 新介助術にオバ記者が挑戦!

介護施設・サービス検索

 

ニックネーム可
入力されたメールアドレスは公開されません
編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

この記事へのみんなのコメント

  • 癒己

    以前から毎週、マナミコさんの連載を読んで、大変な日々の中、一人での介護を自分自身で常に前向きに努力してるマナミコさんの姿を励みにしてます。 ここ数ヶ月、読みに来る事が出来ず、ようやく最近になって、まとめて読んでいたら、大変な変化の多さに驚きつつ、マナミコさんの日々の努力、忍耐力、自分で自分自身を上手くコントロールして頑張ってる姿、尊敬します。マナミコさん自身が体調崩されないように大変な中でも自分を癒す時間を少しでも多く持てるように過ごして下さいね。

  • ふじこ

    お兄様の容態は一時的なものではなさそうで…最近の元気な様子からはとても想像できません。異常がなく家に帰されても、動けなければ自宅でのお世話はとてもムリです。 やっと特老の面談にこぎつけたのに「食事がとれないなら」「排泄コントロールできないから」と断られていたら ツガエさんはどこに頼ればいいのですか?結局特老も色んなしばりがあるということなのでしょう。じゃあ要介護の方ではなく要介助の方対象と謳ってほしいところです。 とにかく家でも何とかしのげるようにサポートしてほしい ものです。財前先生はなんと仰るのやら…ツガエさんをムリされないように…

  • あこ

    寝たきりになればあちこちに排泄される事がなくなり 介護が楽になるのかと思いきや、それはそれで大変そうですね…

  • とくめい

    ざーいぜーん(仮)…。相変わらずの秀才バカ(偉い先生かもしれませんが敢えてそう呼びます!(怒))っぷりですが、救急搬送されたのは財前(仮)病院と別の所ですよね…?その病院も何を調べたのでしょうか。帰宅して発熱する、寝たきりになる、ご飯を食べなくなる…普通ではないですよね。救急搬送されたらあれやこれやと検査されるのかと思いますが、認知症で面倒だからテキトーにされたのでは、と疑ってしまいます。病院の人手不足とかもあるのでしょうけど。私の家族も救急搬送してもらい、苦しんでいるのによくある症状だと言われ家に帰されたことがあります。およそ3ヶ月後に亡くなりましたが、いまだに納得いきません。さて今回、多くの人々に手助けしてもらえて良かったです。世間もまだまだ捨てたものでもないなとほっとしました。

  • あこ

    驚きました。どうされたのでしょう?詳しい検査やより細かい診察が必要だと思うのですが、財前節が変わらないとは・・・・。もう受け身ではだめですね。 若年性認知症のご主人を自宅介護している友人がいるのですが、介護タクシーで受診する際はリクライニング式の車いすを借りています。私も病院に同行したことがあるのですが普通の車いすでは床に滑り落ちてしまい、やはり何度も通りかかりの人に持ち上げてもらいました。とりあえずは入院をして状態が落ち着いたら老健から特養という段階を踏んだ方が良いのかもしれませんね。友人のご主人は入院・老健を経て特養に直ぐに入所できました。良い方向に向かいますように祈っています。

最近のコメント

シリーズ

介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
神田神保町に誕生した話題の介護付有料老人ホームをレポート!24時間看護、安心の防災設備、熟練の料理長による絶品料理ほか満載の魅力をお伝えします。
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
老人ホーム(高齢者施設)の種類や特徴、それぞれの施設の違いや選び方を解説。親や家族、自分にぴったりな施設探しをするヒント集。
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
話題の高齢者施設や評判の高い老人ホームなど、高齢者向けの住宅全般を幅広くピックアップ。実際に訪問して詳細にレポートします。
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
介護食の基本や見た目も味もおいしいレシピ、市販の介護食を食べ比べ、味や見た目を紹介。新商品や便利グッズ情報、介護食の作り方を解説する動画も。
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の困りごとの一つに“ニオイ”があります。デリケートなことだからこそ、ちゃんと向き合い、軽減したいものです。ニオイに関するアンケート調査や、専門家による解決法、対処法をご紹介します。
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
話題のタレントなどの芸能人や著名人にまつわる介護や親の看取りなどの話題。介護の仕事をするタレントインタビューなど、旬の話題をピックアップ。
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護保険制度の基本からサービスの利用方法を詳細解説。介護が始まったとき、知っておきたい基本的な情報をお届けします。
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
数々ある介護のお悩み。中でも「排泄」にまつわることは、デリケートなことなだけに、ケアする人も、ケアを受ける人も、その悩みが深いでしょう。 ケアのヒントを専門家に取材しました。また、排泄ケアに役立つ最新グッズをご紹介します!