小学館IDについて

小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼント にお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
閉じる ×
ニュース

倉田真由美さん「すい臓がんの夫と宣告余命後の日常」Vol.4 鰻屋さんの帰り道「この光景を一生忘れまい」

 漫画家の倉田真由美さんの夫、映画プロデューサーの叶井俊太郎さん(56才)は2022年6月にすい臓がんが発覚。「もってあと1年」と医師の余命宣告から1年半が過ぎた今、腹水が溜まり始めた夫の体調はめまぐるしく変化している。何を食べてもらうべきか、何が食べたいのか――。揺れる倉田さんの心境とは?

執筆・イラスト/倉田真由美さん

漫画家。2児の母。“くらたま”の愛称で多くのメディアでコメンテーターとしても活躍中。一橋大学卒業後『だめんず・うぉ~か~』で脚光を浴び、多くの雑誌やメディアで漫画やエッセイを手がける。お笑い芸人マッハスピード豪速球のさかまきさん原作の介護がテーマの漫画『お尻ふきます!!』(KADOKAWA)ほか著書多数。夫の叶井俊太郎さんとのエピソードを描いたコミック『夫のすい臓がんが判明するまで: すい臓がんになった夫との暮らし Kindle版』は現在Amazonで無料で公開中。

余命宣告を超えた夫の変化

 夫の体形はこの1年半で激変しました。

 元々は体格のいい人で、体重も85、6kgありました。3年前心筋梗塞を起こした際にも、「もう少し痩せた方がいい。食生活の見直しを」と言われていたけど、まったく気にすることなく好きなものを好きなように食べてきた夫です。

 2022年初夏にすい臓がんが判明してからも、変わりませんでした。好きなものを好きなように食べる。余命宣告をされているし、我慢してストレスを溜めるより食べたいものを食べて満足すればいいと私も思っています。

 でも、がんは内側から夫を変えていきました。

 どんなにカロリーの高いものを食べても、じわじわ痩せていくのです。去年の秋頃には60kgをわり50kg台になっていました。

 ここ最近は現実を数字で直視するのをやめて、夫も私も体重計は無視して生活しています。

 さらに夫は、嗜好も変化しました。大好物だったものが食べられなくなってしまったのです。

 代表例は、鰻。お酒を飲まない夫は甘いもの好きで、食事も「甘辛い」系が大好き。中でも鰻はその最高峰で、でも高価だし、しょっちゅうは食べられなくて、我が家では何か特別な日に食べてきました。

 近所に、とびきり美味しい鰻屋さんがあるんです。そこの鰻丼をテイクアウトで持ち帰って食べるのが、たまの贅沢でした。

 最後にそれをしたのは夫の余命宣告の数日後。娘と夫と私、3人で買いに行きました。

 夫と、まだ何も知らない娘が並んで歩く後ろ姿を、「この光景を一生忘れまい」と眺めながらついて歩きました。

 大好きだった鰻「食べたいけど、食べられない」

 帰宅後に食べた鰻丼はやっぱり美味しくて、これからはしばしば買いに行こうと言っていたのに、夫は鰻を口にしなくなってしまいました。

「好きだったし食べたいんだけど、なんでだか食べられないんだよ」としょんぼり言います。

 食べられるものが減り、体重が減ってしまったところに、腹水が溜まり始めてお腹だけが膨らんでしまった夫。先日、「ジーパンが履けなくなった」と嘆いていました。着道楽でオシャレ好きでもある夫は、着たい服が着られなくなることもとても辛いようです。

 好きな服が着られない。身体もだるい。だから外出しなくなる。

 ここ数日、特にこの悪循環が続いています。昨年まで毎日行っていた会社も、行かずにオンラインやメールですませることが多くなりました。

「先生も歩いたほうがいいって言ってたよね。散歩でも行かない?近所に買い物がてら」と誘っても、「いや、きついから無理」と断られてばかり。

 歩かなくなると、てきめんに足の浮腫みがひどくなります。食欲も落ちます。だからちょっとでも歩いてほしいんだけど、無理やり引っ張り出すわけにもいきません。

 たった1か月ちょっと前、今年の元旦には「初詣行こう!」と家族で一番活動的だったのに。末期がん患者の身体と心の調子は、目まぐるしく変わっていきます。

倉田真由美さん、夫のすい臓がんが発覚するまでの経緯

 夫が黄色くなり始めた――。異変に気がついた倉田さんと夫の叶井さんが、まさかの「すい臓がん」と診断されるまでには、さまざまな経緯をたどることになる。最初は黄疸、そして胃炎と診断されて…。現在、本サイトで連載中の「余命宣告後の日常」以前の話がコミック版で無料公開中だ。

『夫のすい臓がんが判明するまで: すい臓がんになった夫との暮らし Kindle版』

夫のすい臓がんが判明するまで表紙

画像をクリックするとAmazonのサイトに遷移します

◀前の話を読む次の話を読む▶

倉田真由美さん「すい臓がんの夫と余命宣告後の日常」を最初から読む

ニックネーム可
入力されたメールアドレスは公開されません
編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

この記事へのみんなのコメント

  • やよびー

    私の夫は大腸癌で、1月末に亡くなりました。 昨年夏頃から徐々に食べられなくなり、体格の良かった夫は痩せてゆき、、。倉田さんが書かれているように、食べたかったものが食べられなくなったのが、一緒に暮らしている私にとっても本当に辛かった。食べてほしいのに、動いてほしいのに食べられない、動けない。夫も辛かったと思います。倉田さんの気持ちが痛いほどわかったので、今回コメントを書こうと思いました。 夫は今年に入り、急激に歩けなくなり、起き上がれなくなり。本当に毎日、体調がかわっていきました。 浮腫も一時酷くて、本人は足が怪獣みたいだと言っていました。 毎日毎日、昼、夜とマッサージをして、保湿をして。一気に介護生活に突入しました。 もしも、これからご主人が歩けないときが来たら、どうか、倉田さん、お二人で穏やかな時間を過ごしてほしい。 私はまだ頑張れると思っていたのでその時間を、頑張ることに費やしてしまったけれど、、。夫はどこかでわかっていたのではと思います。私が頑張って、少しでも長く生きてと願っているから、頑張ってくれたのではと。 もっと穏やかに、感謝と、あなたは本当に頑張って来たと、私のこれからのことは心配しなくて大丈夫だと。伝える時間をとれれば良かった。これは私の臆病な気持ちがそうさせてしまったのだと思います。こんな話をしたら、夫がいなくなる事を認める気がして。 介護については、やり切ったと思うので後悔はないものの、彼にも私にも安らげる時間が取れたらもっと良かったのではと、今は思うのです。 彼を見送ってまだ2週間も経っていませんし、この涙が枯れる日が来るのだろうかというくらい毎日泣いていますが、、それでも、彼の最期に共に過ごした日々はきっと一生の支えになると思っています。 倉田さんが旦那さんと、悔いのない1日1日を過ごされますよう、お祈りしています。

シリーズ

介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
神田神保町に誕生した話題の介護付有料老人ホームをレポート!24時間看護、安心の防災設備、熟練の料理長による絶品料理ほか満載の魅力をお伝えします。
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
老人ホーム(高齢者施設)の種類や特徴、それぞれの施設の違いや選び方を解説。親や家族、自分にぴったりな施設探しをするヒント集。
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
話題の高齢者施設や評判の高い老人ホームなど、高齢者向けの住宅全般を幅広くピックアップ。実際に訪問して詳細にレポートします。
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
介護食の基本や見た目も味もおいしいレシピ、市販の介護食を食べ比べ、味や見た目を紹介。新商品や便利グッズ情報、介護食の作り方を解説する動画も。
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の困りごとの一つに“ニオイ”があります。デリケートなことだからこそ、ちゃんと向き合い、軽減したいものです。ニオイに関するアンケート調査や、専門家による解決法、対処法をご紹介します。
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
話題のタレントなどの芸能人や著名人にまつわる介護や親の看取りなどの話題。介護の仕事をするタレントインタビューなど、旬の話題をピックアップ。
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護保険制度の基本からサービスの利用方法を詳細解説。介護が始まったとき、知っておきたい基本的な情報をお届けします。
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
数々ある介護のお悩み。中でも「排泄」にまつわることは、デリケートなことなだけに、ケアする人も、ケアを受ける人も、その悩みが深いでしょう。 ケアのヒントを専門家に取材しました。また、排泄ケアに役立つ最新グッズをご紹介します!