健康

パサパサの老け髪からツヤ髪へ!髪も地肌も日焼けを防ぐ最強メソッドをヘアケアのプロが指南

 その昔、美人の条件は「黒く、長く、ツヤのある髪」だった。好きなヘアスタイルやカラーを楽しむようになったいまでも、髪の美しさはその人自身の美しさを大きく左右する。そこで、老け髪を防ぐ美髪スイッチ5つを髪の専門家が教えてくれました。いまから頑張れば、夏の太陽のもとで輝く若々しい美髪が手に入る!

老け髪を防ぐための5つのメソッド

「女の命」といわれる髪の毛。だが、気づけば肌と同じように年を取り、白髪や薄毛、パサつき、ボリュームダウン、うねり…と、悩みが次々に増えてくる。毛髪診断士でヘアスタイリストのshucoさんは、髪の老化は早ければ30代から始まると語る。

「まず30代でハリやコシの低下を感じるようになり、40代後半からはホルモンバランスの変化が原因で、薄毛が気になる人も増えます。同時に頭皮がたるむことによって毛穴の形が涙形にゆがみ、そのせいで髪がうねりやすくなってくることもあります」

 ハリやコシがなくボロボロに傷んだ「老け髪」は、それだけで全身の見た目年齢を老けさせる。

 美容室SELAh代表で『1日10秒で髪も人生もきらめきだす! ヘアケアの魔法』著者のりょうさんによれば、もっとも老けて見えるのは「ツヤが失われた髪」だ。

「髪が見た目の印象の9割を左右すると言っても過言ではありません。ですが、逆に言えば髪にツヤさえあれば美しく、若々しく見せられるということ。残念ながら一度傷んだ髪を元に戻すことはできませんが、美容室での施術や自宅でのヘアケアによってツヤを与えたり、これから伸びてくる髪を美しく育てることは充分に可能です」

日焼けから髪を守る最強メソッド

 美しい髪を取り戻すためには、ダメージを減らすのが第一。いまの時期はまず「髪の日焼け」を防ぐことが重要だと、あいこ皮フ科クリニック院長の柴亜伊子さんが話す。

「髪の毛も皮膚と同じくたんぱく質でできているので、紫外線に当たればダメージを受けます。皮膚と違うのは、髪の毛は一度傷んだら新陳代謝がないこと。特に海や屋外のプールなど、髪が濡れているときは要注意。髪は濡れるとキューティクルが開きやすいため、よりダメージを受けやすくなります」

 髪が日焼けすると、色が抜けて赤茶っぽくなったり、乾燥してパサついたりする。

「髪だけでなく、頭皮も日焼けします。毛母細胞が傷つき、乾燥して皮脂が過剰に出るようになり、フケや薄毛、抜け毛の原因になる。日差しの強い時期は【1】帽子はもちろん、日傘も必ず使ってほしい。加えて、【2】髪用の日焼け止めスプレーも使うことをおすすめします。【3】日によって髪の分け目を変えることでも、焼けすぎるのを防ぐことができます」(shucoさん)

 日焼け以上に髪を傷めるのは「カラーリング」、特に「白髪染め」だ。

「白髪用ヘアカラーは黒髪用よりも強い染色力が必要な分、髪と頭皮へのダメージも大きいのです」(りょうさん)

 カラー剤は成分に注目して取捨選択することも大切だ。

「ヘアカラー剤に使われていることが多い酸化染料の『ジアミン』は、日本でもっとも多くのかぶれ患者を出している物質です。白髪染めは使用頻度が高いので、できればカラー剤よりも【4】ヘアマニキュアやカラートリートメントなど、落ちやすくても刺激の少ないものを使ってほしい」(柴さん)

 市販品は美容室で使うものよりも刺激が強いため、【5】白髪染めやヘアカラーは美容室でやってもらうのがベスト。どれだけ高品質のシャンプーを使っていても、市販の刺激の強い白髪染めで染めてしまえば、髪にとってはマイナスになる。

「美容室なら、白髪の程度や髪質に合わせて染料の濃度を調節したり、根元と毛先で薬剤を使い分けたりして、髪へのダメージを軽減できます」(りょうさん・以下同)

美容室に行く回数は?オーダーのコツは?

 美容室には、月に1回ほどの頻度で通うのが理想的。毎月通うのが苦にならないような「価格」と「距離」、そして、来月も行きたいと思える「満足感」を重視して選ぶべきだ。

「金額や距離で無理をしては、ヘアケアそのものがネガティブなものになってしまい、結果的に美容室から足が遠のいてしまう。一方で“ただ白髪が黒くなればいい”と思って安い場所で適当に済ませるようになると、美髪からは遠ざかります。通いやすく、かつ自分のテンションが上がる場所を選んでください」

 美容室でも「なんか、いい感じで」「おまかせで」「とりあえず短く」などと、適当なオーダーでは、がっかりするような仕上がりになってしまうことも少なくない。

 髪形もまた、見た目年齢を若返らせる重要なポイントになる。手間を惜しまないようにしよう。

「具体的なイメージがなくても“トップの薄さが気になるから、ふんわりさせてほしい” “流れるような感じが好きです”などと、美容院でできるだけ希望を伝えてください。それでも、やはり美容師によって技量は異なるので、ベストはなりたい髪形の写真を持って行って“こんな感じにしてください”と言うこと。なりたいイメージだけでなく“こういうスタイルは嫌なんです”と言うと失敗を避けやすくなります」

美髪をつくるルール【まとめ】

●帽子と日傘を併用し、さらに髪用の日焼け止めスプレーも使う。

●頻繁に染めたいなら、ジアミン入りヘアカラーよりもヘアマニキュアやカラートリートメントなどの方がよい。

●白髪染めはできるだけ美容室で。月1回ほどの頻度で行うときは、根元と毛先で薬剤の濃度を使い分けてもらう。

●美容室は「通いやすい価格と距離であること」「仕上がりの満足感」で選ぶ。

●美容室でのオーダーは悩みをしっかり伝え、「おまかせ」にしない。具体的に。

※取材をもとに編集部作成。

イラスト/カツヤマケイコ

※女性セブン2023年7月6日号
https://josei7.com/

●“いくつになっても美しい人”が身につけている「ヘアケア法、表情、品格」の極意

●「わかめなど海藻類は髪にいい!」はウソ?ヘアケアや美肌に関する健康知識を専門家が解説

●”老け髪”を防ぐ正しいヘアケア方法「シャンプーは”女優流し”を」美容のプロが解説

ニックネーム可
入力されたメールアドレスは公開されません
編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

シリーズ

介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
神田神保町に誕生した話題の介護付有料老人ホームをレポート!24時間看護、安心の防災設備、熟練の料理長による絶品料理ほか満載の魅力をお伝えします。
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
老人ホーム(高齢者施設)の種類や特徴、それぞれの施設の違いや選び方を解説。親や家族、自分にぴったりな施設探しをするヒント集。
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
話題の高齢者施設や評判の高い老人ホームなど、高齢者向けの住宅全般を幅広くピックアップ。実際に訪問して詳細にレポートします。
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
介護食の基本や見た目も味もおいしいレシピ、市販の介護食を食べ比べ、味や見た目を紹介。新商品や便利グッズ情報、介護食の作り方を解説する動画も。
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の困りごとの一つに“ニオイ”があります。デリケートなことだからこそ、ちゃんと向き合い、軽減したいものです。ニオイに関するアンケート調査や、専門家による解決法、対処法をご紹介します。
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
話題のタレントなどの芸能人や著名人にまつわる介護や親の看取りなどの話題。介護の仕事をするタレントインタビューなど、旬の話題をピックアップ。
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護保険制度の基本からサービスの利用方法を詳細解説。介護が始まったとき、知っておきたい基本的な情報をお届けします。
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
数々ある介護のお悩み。中でも「排泄」にまつわることは、デリケートなことなだけに、ケアする人も、ケアを受ける人も、その悩みが深いでしょう。 ケアのヒントを専門家に取材しました。また、排泄ケアに役立つ最新グッズをご紹介します!