小学館IDについて

小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼント にお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
閉じる ×
連載

高木ブー、大学生になった孫と美容院へ「4月はワクワクする季節だね」|連載 第93回

 春になって高木ブーさんのまわりでも、いろんなことが動き始めた。4月6日に発売された自叙伝『アロハ 90歳の僕 ゆっくり、のんびり生きましょう』(小社刊)にも、嬉しい感想がたくさん寄せられている。「口下手な僕でも、本だと読者とじっくり話せるのがいいよね」とブーさん。新しいチャレンジに向けて、静かに闘志を燃やす。(聞き手・石原壮一郎)

春は新しいことが始まる季節。毎日ワクワクしてます

 僕は「4月」っていう文字を見ただけで、なんだかワクワクする。テレビの世界で長くやってきたからかな。4月と10月は「改変期」で、とくに4月は新しいことがあちこちでスタートする区切りの月だった。「心機一転」とか「初心に帰る」といった言葉が似合う季節でもあるよね。ちょっと気持ちが引き締まったりもする。

 90歳になった今年の4月は、自叙伝『アロハ 90歳の僕 ゆっくり、のんびり生きましょう』が出版された。読んでくれた人から、直接はもちろんインスタのコメントやツイッターとかでも、嬉しい感想をたくさんもらってる。

アロハ 90歳の僕: ゆっくり、のんびり生きましょう

写真をクリックすると購入画面に移動します

 なるほどなと思ったんだけど、長く家族ぐるみの付き合いをしている人が、「知らなかったことがたくさん書いてあった」と驚いてくれた。子どもの頃のことにしても若い頃にどんなことをしたかなんてことも、何かきっかけがないと話さないよね。「あらためてブーさんを詳しく知ることができて、とってもよかった」とも言ってもらった。

 そもそも僕は口下手だから、自分のことを話すのは得意じゃない。でも本だと、読者にじっくり語りかけることができる。読むほうだって自分のペースで、読みたいときにのんびり読んでくれればいいしね。本って、そこがいいなとあらためて思った。もしかしたら、ひとりひとりの読者に向けて長い長い手紙を書いたみたいな感じなのかな。

 内容について「面白かった」と言ってもらうのはもちろん嬉しいけど、表紙をホメてくれる人がたくさんいたのも嬉しかった。カメラに熱中している孫のコタロウが撮ってくれた写真だからね。そのことを知っている人が「家族だからこそ撮れる表情ですね」と言ってた。自分じゃよくわからないけど、たしかに「よそ行きの顔」とは違うかもしれない。

 

 そのコタロウも、この4月に大学生活のスタートを切った。このあいだ僕と娘のかおるとコタロウの3世代で、いっしょに行きつけの美容院に行ってきたんだよね。小さいお店だから貸し切りみたいになって、美容師さんも含めてみんなでワイワイ話しながら切ってもらった。コタロウが小さかった頃のことも思い出して、感慨深い楽しい時間だったな。

 コタロウは数日前に、さっぱりした頭で初めて登校していった。いい友達やいい先生とたくさん出会って、楽しい体験をたくさんして、熱中できることをたくさん見つけて、日本も世界もいろんなところをたくさん旅して、充実した学生生活を送ってほしい。なんて、ちょっと欲張り過ぎかな。じいちゃんとしての願望だから、まあいいよね。

 加藤(茶)といっしょに準備を進めているのが、イザワオフィス公式YouTubeでの「ドリフ麻雀」。加藤と僕とゲスト2人で麻雀をして、その様子を番組にしてみんなに見てもらう。6月から配信をスタートさせる予定で、今はクラウドファンディングでサポーターの募集を始めてる(6月分の募集は4月18日まで。7月以降も毎月サポーター募集を行なう)。加藤と僕と一緒に麻雀をするというリターンもあるみたい。

→イザワオフィス公式YouTubeでの「ドリフ麻雀」について詳しく見る

 この企画は、もともと仲本(工事)がきっかけで生まれた。去年の10月に群馬県高崎市で開催された「志村けんの大爆笑展」のときに、楽屋で仲本と僕があれこれ話をしていたら、2人とも麻雀番組をよく見ていることがわかった。じゃあ、ドリフの3人とゲストとで麻雀をする企画をやったら面白いんじゃないって話になったんだよね。

 ところが、直後に仲本があんなことになって、話はそのまま流れそうになった。でも、加藤が「麻雀の企画、やってみようよ」と言ってくれて、企画が動き出したんだよね。ドリフの中で麻雀がいちばん好きだったのは仲本だったから、いっしょにやれないのは僕らも残念だし本人も残念だろうけど、実現したことは喜んでくれてるんじゃないかな。

 僕も上手くはないけど、ドリフのメンバーとたまに麻雀をやってた。いかりや家で毎年開催されてた忘年会や新年会のときが多かったかな。あれは打ち方に性格が出るよね。仲本はああ見えて、けっこう大胆な打ち方をする。そうそう、長さんは打ちながらしょっちゅう「ダメだこりゃ」って言ってた。でも、じつはいい手だったりするんだよね。今度の「ドリフ麻雀」では、麻雀をしながらそんな思い出話もいっぱい出てきそうで楽しみだな。

 4月21日からは「志村けんの大爆笑展」が北海道に初上陸する(サッポロファクトリー3条館3階特設会場、5月14日まで)。僕もオープニングの日に応援に行く予定です。北海道のみなさん、ぜひ会いに来てください。この季節の北海道は、何がおいしいのかな。いっぱいありそうだな。たくさん食べて、元気にがんばります!

ブーさんからのひと言

「4月は、新たなことが始まる人が多い時期だよね。僕は90歳になったけど、いくつになってもチャレンジするときはワクワクするものです」

高木ブー(たかぎ・ぶー)

1933年東京生まれ。中央大学経済学部卒。いくつかのバンドを経て、1964年にザ・ドリフターズに加入。超人気テレビ番組『8時だョ!全員集合』などで、国民的な人気者となる。1990年代後半以降はウクレレ奏者として活躍し、日本にウクレレブーム、ハワイアンブームをもたらした。CD『Hawaiian Christmas』『美女とYABOO!~ハワイアンサウンドによる昭和歌謡名曲集~』『Life is Boo-tiful ~高木ブーベストコレクション』など多数。著書に『第5の男 どこにでもいる僕』(朝日新聞社)、『高木ブー画集 ドリフターズとともに』(ワニ・プラス)など。YouTube「【Aloha】高木ブー家を覗いてみよう」(イザワオフィス公式チャンネル内)も大好評。同チャンネルでは期間限定で「ドリフ大爆笑」の名作コントのデジタルリマスター版を続々と配信している。3月20日に『高木ブー画集RETURNS ドリフターズよ永遠に』(ワニ・プラス、2,970円<税込>)が発売。4月6日には、この連載をまとめた『アロハ 90歳の僕 ゆっくり、のんびり生きましょう』(小学館、2,420円<税込>)が発売! イザワオフィス公式YouTube新企画「ドリフ麻雀」は6月にスタート。詳しい案内とサポーター募集はこちらををクリック!

取材・文/石原壮一郎(いしはら・そういちろう)

1963年三重県生まれ。コラムニスト。『大人養成講座』『大人力検定』など著書多数。最新刊は『無理をしない快感‐「ラクにしてOK」のキーワード108』(KADOKAWA)。この連載ではブーさんの言葉を通じて、高齢者が幸せに暮らすためのヒントを探求している。

 

ニックネーム可
入力されたメールアドレスは公開されません
編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

シリーズ

介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
神田神保町に誕生した話題の介護付有料老人ホームをレポート!24時間看護、安心の防災設備、熟練の料理長による絶品料理ほか満載の魅力をお伝えします。
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
老人ホーム(高齢者施設)の種類や特徴、それぞれの施設の違いや選び方を解説。親や家族、自分にぴったりな施設探しをするヒント集。
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
話題の高齢者施設や評判の高い老人ホームなど、高齢者向けの住宅全般を幅広くピックアップ。実際に訪問して詳細にレポートします。
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
介護食の基本や見た目も味もおいしいレシピ、市販の介護食を食べ比べ、味や見た目を紹介。新商品や便利グッズ情報、介護食の作り方を解説する動画も。
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の困りごとの一つに“ニオイ”があります。デリケートなことだからこそ、ちゃんと向き合い、軽減したいものです。ニオイに関するアンケート調査や、専門家による解決法、対処法をご紹介します。
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
話題のタレントなどの芸能人や著名人にまつわる介護や親の看取りなどの話題。介護の仕事をするタレントインタビューなど、旬の話題をピックアップ。
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護保険制度の基本からサービスの利用方法を詳細解説。介護が始まったとき、知っておきたい基本的な情報をお届けします。
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
数々ある介護のお悩み。中でも「排泄」にまつわることは、デリケートなことなだけに、ケアする人も、ケアを受ける人も、その悩みが深いでしょう。 ケアのヒントを専門家に取材しました。また、排泄ケアに役立つ最新グッズをご紹介します!