ニュース

お盆に知っておきたいアチラの話|あなたの知らない死後の世界

“死後の世界”とは、一体どうなっているのか――。霊が視える占い師・流光七奈さんが、50才で亡くなり、霊になった夫との2年間の暮らしの中で知った意外な真実を教えてくれました。

 今年のお盆は8月13~15日。霊の世界を知れば、亡くなった人が本当に喜ぶお盆の供養ができるかも!?

亡くなった直後はそばにいてくれる

「私の夫が8年にもおよぶがんの闘病生活の末、50才で亡くなったのは5年前のこと。当時私は44才でした。幼少の頃から霊が視え、占い師として困っている人の相談を受けてきた私にとっても、最愛の人との別れはつらいものでした」

 こう語るのは、占い師の流光七奈(りゅうこうなな)さん(「」内以下同)だ。しかし、「これからひとり暮らしが始まるのか…」と思う間もなく、自宅に亡き夫が現れたという。そしてその後、幽霊となったダンナさまとの奇妙な生活が2年間続くことになる。

「私は幼い頃から霊が視える体質だったので、幽霊がいるということはわかっていました。夫も私の力について理解してくれていたので、生前から、“どちらかが先に死んだら、死後の世界の生活について教え合おう”とは約束していたんです。あくまで冗談として。まさか本当にその約束を守ってくれるとは…」

 とはいえ、ダンナさまも最初は“死んだ”という事実を受け入れられず、パニックになっていたという。

「夫は死後数日間、自分が死んだという事実を受け止められない様子でした。“さっきまで病室で寝ていたのに”と、何度も肉体に戻ろうとしていました。しかし、お葬式で自分の遺影を見た時、ようやく死を受け止めたようでした。火葬場では、“ぼくの骨、白くてきれいだね”と感想を言えるほど落ち着いていました」

 たいていの場合、死の直後は自分の遺体のそばに霊はおり、家族の様子などを見守っている。特に自分の葬儀に出席する霊は多いようだ。

本当のお別れは三回忌にやって来る

 葬儀が終わると、ダンナさまも自宅に帰ってきた。霊も自分の家が落ち着くようで、納骨をした後も成仏しない場合、墓ではなく自宅にいる霊がほとんどだという。

「夫とは、生きている時と変わらない生活が続きました。食事をし、おしゃべりを楽しみ、旅行にも行きました。周りの人は私がひとりに見えたでしょうけど(笑い)」

 霊になったからといって超能力を使えるわけではなく、会話は声に出さないと伝わらないし、空を飛んだりもできない。移動は基本的に徒歩で、遠方へ行く時は、流光さんと一緒に公共交通機関を使うなどして移動していたという。

 しかしこうした生活にも“期限”があった。

「夫との生活は、死後丸2年たった三回忌で終わりを迎えました。“あの世”から迎えが来たのです。このタイミングで成仏しないと、あの世に行くのに徒歩で丸3日かかってしまうようでした。いずれ成仏するのであればお迎えが来るうちがいいだろうということで、この時が本当の“お別れ”になりました」

 今度こそ二度と会えなくなると、死の直後より悲しかったという流光さん。ところがまだその後があったという。

「お盆と命日になると、霊は本当にこの世に戻って来てくれるんです。また、線香を焚いている間は、話したことが亡くなった人に伝わっていることもわかりました」

 亡くなった人とは二度と接触できないわけではなく、たとえ視えなくても、食事を供えたり話しかければ、それは伝わっているようだ。

 死は生の延長線上にある。今年のお盆はいつもと違う気持ちで迎えられるのではないだろうか。

人は死んだらどうなるの?

関連キーワード
ニックネーム可
入力されたメールアドレスは公開されません
編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

この記事へのみんなのコメント

  • 橘桜

    私には霊感がなく、ある人から聞いた話ですが。 今年は、今のコロナの感染の急拡大の影響で、仕事の時間帯や心身が不安定な人が多く、 仏様をお迎えする準備がままならなかった方が多かったようです。 その影響でしょうか。

  • とっちん

    あの〜唐突に質問失礼いたします。 私も少しは感じる方ですが、今年はお盆帰りしたあの世の方が少ないような気がしますが、そんなことあるのでしょうか? 意味不明な事言っててすみませんそう思うのは私だけなのか、誰かに聞いて見たかったんです。

  • ごま彦

    つい最近、父を交通事故で亡くしました。遠方にいる私は、病院に駆けつけたものの、残念ながら今際の際には間に合いませんでした。まだ四十九日にも満たないので、現在の父の魂がどうしてるのか?とか、今後の父の行き先等、気になることがたくさんありました。そんな時に、先生のこの記事の言葉を拝見して、温かい気持ちになれました。まだやだ悲しみは尽きませんが、これからも父のことを思って、生きていきたいです。

  • 中島佐和子

    20歳の誕生日の夜中に仏様がまっピカリに光っているのを見てから、いろんな事が予言出きる様になった感じがします人寄せの夢を見た後一週間もすると親戚の人がなくなったり、近所の人がなくなったりします東日本大震災の一年前に大きな地震が来た夢を見ました安倍元総理が殺される3日前に大きな救急病院の中を歩つていたら、大勢の医師達が手術をやっていて手術を終わったと思ったら、大勢の医師達が寝台車をオレの方へ向かって来てオレの事を押して迄も寝台車を何処へか押して行く夢を見ました息が切れる程おっかない夢だったその他、ポロポロ予言をしてますたまには外れる事もあります家の母ちゃんの事介護をしている時はほとんど霊感使って介護しましたオレの体の調子が悪くなってしまったので特養老人ホームに入所させてしまいました霊感ばかり使うと体が持たないんだなぁ~と思いました今の所体の調子が悪くてゴロゴロしてますスマホで色々調べたり検索したりしていますデータもいっぱい拾っています体の調子が良くなったら、色々困っている人達の相談に載って皆を元気にしてあげたいと思います体が弱いので自信無いけどね。

  • 流浪の民

    こんにちは。 父が他界し不思議なことがたくさん続いたので、霊魂の存在を調べたているところ、こちらを読ませていただき納得するばかりです。49日が終わる頃現象はおさまってきました。最後に小学生のじいちゃん子だった甥っ子が、夢の中で電話がきってきてでたところ、じいちゃんだったようで、「じいちゃん、遊びにいこうよ」と誘ったところ、「じいちゃん死んじゃったから遊びにいけないだわ」て応えたようで、夢の中で泣いてしまった(実際に毎晩泣いていたようです)とゆうのです。それを聞いて私も泣けてきました。そんなセリフあの父なら言いそうです。きっと孫と話しがしたかったのだと思います。甥っ子には線香を炊くとその間おじいちゃんに声が届くよと伝えてみますね。

最近のコメント

シリーズ

介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
神田神保町に誕生した話題の介護付有料老人ホームをレポート!24時間看護、安心の防災設備、熟練の料理長による絶品料理ほか満載の魅力をお伝えします。
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
老人ホーム(高齢者施設)の種類や特徴、それぞれの施設の違いや選び方を解説。親や家族、自分にぴったりな施設探しをするヒント集。
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
話題の高齢者施設や評判の高い老人ホームなど、高齢者向けの住宅全般を幅広くピックアップ。実際に訪問して詳細にレポートします。
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
介護食の基本や見た目も味もおいしいレシピ、市販の介護食を食べ比べ、味や見た目を紹介。新商品や便利グッズ情報、介護食の作り方を解説する動画も。
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の困りごとの一つに“ニオイ”があります。デリケートなことだからこそ、ちゃんと向き合い、軽減したいものです。ニオイに関するアンケート調査や、専門家による解決法、対処法をご紹介します。
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
話題のタレントなどの芸能人や著名人にまつわる介護や親の看取りなどの話題。介護の仕事をするタレントインタビューなど、旬の話題をピックアップ。
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護保険制度の基本からサービスの利用方法を詳細解説。介護が始まったとき、知っておきたい基本的な情報をお届けします。
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
数々ある介護のお悩み。中でも「排泄」にまつわることは、デリケートなことなだけに、ケアする人も、ケアを受ける人も、その悩みが深いでしょう。 ケアのヒントを専門家に取材しました。また、排泄ケアに役立つ最新グッズをご紹介します!