ニュース

倉田真由美さん「すい臓がんの夫と余命宣告後の日常」Vol.15「亡くなる2日前、夫が食べたいとリクエストしたもの」

 漫画家の倉田真由美さんの夫で映画プロデューサーの叶井俊太郎さんは、すい臓がんで2月16日に帰らぬ人となった。最期の日々では腹水がたまり「苦しい」と訴えていた叶井さん。腹水を抜くべきか、食事や治療方針をどうするか――。夫の意思を尊重していた倉田さんが、亡くなる2日前のことを振り返る。

執筆・イラスト/倉田真由美さん

漫画家。2児の母。“くらたま”の愛称で多くのメディアでコメンテーターとしても活躍中。一橋大学卒業後『だめんず・うぉ~か~』で脚光を浴び、多くの雑誌やメディアで漫画やエッセイを手がける。お笑い芸人マッハスピード豪速球のさかまきさん原作の介護がテーマの漫画『お尻ふきます!!』(KADOKAWA)ほか著書多数。

夫の叶井俊太郎さんとのエピソードを描いたコミック『夫のすい臓がんが判明するまで: すい臓がんになった夫との暮らし Kindle版』 『夫の日常 食べ物編【1】: すい臓がんになった夫との暮らし』は現在Amazonで無料で公開中。

夫の身体は夫のもの

 夫は亡くなる2日前、初めて自宅で腹水を抜きました。それまでは週に一度病院に抜きに行っていましたが、移動がきついという理由で自宅に切り替えた初回でした。

 この、「腹水を抜く」というのはいいことばかりではなく、医師によっては「体力をごっそり奪うからあまり勧めない」という人もいます。自宅で腹水を抜いてくれた訪問医も、「患者さんが望むなら」という感じで抜いてくれました。

 昨年末ごろから溜まり始めた腹水で、お腹はみるみる大きく硬くなり、今年1月上旬には今まではけていたズボンがすべて入らなくなるほどでした。自宅ではゴムの半パンでなんとかなっていましたが、外出するためにはサスペンダーが必要になりました。

 身体は痩せているのにお腹はパンパンに腫れ上がって、夫もよく「腹が張って苦しい」「仰向けに寝られない」等訴えていました。

 がんによる痛さ、だるさより、波がなく常にその状態である腹水による不調が最もつらそうで厄介でした。少なくとも6、7リットルは入っているだろうと医師にいわれた腹水、さぞ不快だったと思います。

 でも正直なところ、私はあまり腹水を抜くことに賛成ではありませんでした。腹水は毒水ではなく栄養等身体にいいものも入っています。しかも抜いてもすぐに元に戻ってしまうのに、その分の栄養を補給するのは大変です。一度に抜いていた量は2リットルか3リットル、確かに一瞬楽にはなるようですが、夫の身体にとっては大きな負担でもあったと思います。

 それでも、夫は「一時でも楽になりたい」「腹水を抜いた直後、食べられる量も増える。その時好きなものを食べたい」という気持ちが上でした。私の「少しでも長く生きてほしい」という願いとは異なります。これは腹水の件に限らず、食事や治療方針、様々な選択で衝突しかねなかったところです。でも、夫の身体は夫のもの。私は意見を言うこともありましたが、基本的にはすべて夫が決めました。

夫が食べたいとリクエストしたもの

 自宅で腹水を抜いた後、「腹が軽くなった」と夫は嬉しそうでした。気分的なものも大きいのでしょうが、毎回、直後はちょっと元気になります。

 ちょうどお昼頃だったので、「今のうちだよ、何食べたい?なんでも買ってくるし、作るよ」と言うと、夫は考えた挙句、「マクドナルドのチーズバーガー、ポテト、ナゲット」をリクエストしました。ジャンクなものが好きな夫らしい選択……複雑な気持ちを抱えながら、買いに行きました。

 結局食べられたのは、チーズバーガー3分の1、ポテト4本、ナゲット1個。残りは「娘が喜ぶから」と、娘にあげていました。娘に何かあげる時はいつも嬉しそうな夫。この時も嬉しそうでした。

倉田真由美さん、夫のすい臓がんが発覚するまでの経緯

 夫が黄色くなり始めた――。異変に気がついた倉田さんと夫の叶井さんが、まさかの「すい臓がん」と診断されるまでには、さまざまな経緯をたどることになる。最初は黄疸、そして胃炎と診断されて…。現在、本サイトで連載中の「余命宣告後の日常」以前の話がコミック版で無料公開中だ。

『夫のすい臓がんが判明するまで: すい臓がんになった夫との暮らし Kindle版』

夫のすい臓がんが判明するまで表紙

画像をクリックするとAmazonのサイトに遷移します

『夫の日常 食べ物編【1】: すい臓がんになった夫との暮らし』

画像をクリックするとAmazonのサイトに遷移します

◀前の話を読む次の話を読む▶

倉田真由美さん「すい臓がんの夫と余命宣告後の日常」を最初から読む

ニックネーム可
入力されたメールアドレスは公開されません
編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

この記事へのみんなのコメント

  • よう

    私の夫も2022年7月末に腎臓癌がみつかり、オペは9月になりその時には癌もかなり大きくなり、摘出したのですが、肺の方に転移してしまっており、抗がん剤治療もなんども頑張って戦ってたのですが、どの薬も癌をやっつけてくれず、2023年11月なかばに、呼吸困難になり入院ー余命宣告あと2ヶ月と言われました。 単身赴任の夫は茨城県でその宣告を受けるまで、仕事もしてました。京都が地元なので、どうしても地元、私達の家に帰ってこれるよう病院と話し合い、病院もいちにちでも早くしないと帰れなくなりますっとおっしゃってたので、ジェットで帰るか、ヘリで帰るか…と話し合ってたのですが、本人の身体には介護タクシーの選択げ1番いいということで、段取りしていただき、12月半ばに京都に無事にかえってこれました。 主人は、生きたい思いで、食べたくなくても頑張って食べ、自分の足で歩き自分の事を頑張ってる姿など想い、私の想いなどがとてもこの倉田さんのをよませてもらい、重なる事が多くため息がでます。骨と皮しかない主人はそれでも私の夫とし、私を守ってくれてます。その日がくることを覚悟ができません。 でも、同じ想いの方がいることに、少しでも頑張らないととおもいました。

シリーズ

介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
神田神保町に誕生した話題の介護付有料老人ホームをレポート!24時間看護、安心の防災設備、熟練の料理長による絶品料理ほか満載の魅力をお伝えします。
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
老人ホーム(高齢者施設)の種類や特徴、それぞれの施設の違いや選び方を解説。親や家族、自分にぴったりな施設探しをするヒント集。
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
話題の高齢者施設や評判の高い老人ホームなど、高齢者向けの住宅全般を幅広くピックアップ。実際に訪問して詳細にレポートします。
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
介護食の基本や見た目も味もおいしいレシピ、市販の介護食を食べ比べ、味や見た目を紹介。新商品や便利グッズ情報、介護食の作り方を解説する動画も。
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の困りごとの一つに“ニオイ”があります。デリケートなことだからこそ、ちゃんと向き合い、軽減したいものです。ニオイに関するアンケート調査や、専門家による解決法、対処法をご紹介します。
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
話題のタレントなどの芸能人や著名人にまつわる介護や親の看取りなどの話題。介護の仕事をするタレントインタビューなど、旬の話題をピックアップ。
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護保険制度の基本からサービスの利用方法を詳細解説。介護が始まったとき、知っておきたい基本的な情報をお届けします。
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
数々ある介護のお悩み。中でも「排泄」にまつわることは、デリケートなことなだけに、ケアする人も、ケアを受ける人も、その悩みが深いでしょう。 ケアのヒントを専門家に取材しました。また、排泄ケアに役立つ最新グッズをご紹介します!