健康

70才以上の3割も!まぶたが重い「眼瞼下垂」とは?症状や保険適用治療のビフォー・アフター【医師解説】

「若い頃に比べて目元にハリがなくなった」「まぶたがたるんで目が小さくなった」「まぶたが開きにくい…」などとお悩みのあなた、それは単なるたるみではなく、眼瞼下垂(がんけんかすい)という病気かも。70才以上の約3割はなるというこの症状について、専門医に解説いただいた。保険適用の手術をうけた実例ビフォー・アフターも紹介する。

教えてくれた人

金沢雄一郎さん/眼瞼下垂治療専門の形成外科医。独立医師として複数のクリニックと提携し、東京・大塚の「酒井形成外科」などで診察・手術を行っている。

吉木伸子さん/よしき銀座クリニック・院長・皮膚科医

「眼瞼下垂」芸能人も続々と手術を公表

 眼瞼下垂が一般に知られるようになったのは、20年ほど前。眼瞼下垂に特化した形成外科専門医の金沢雄一郎さんは、その経緯をこう語る。

「加齢による眼瞼下垂が肩こりや頭痛、疲れやすさに影響していることがわかり、それが一般に紹介されるようになりました」  

 当初は「眼瞼下垂の治療=美容整形」と受け取られることが多かったが、病気の治療であることが認知されると、公表する有名人も現れた。  

 和田アキ子さんは2018年12月『アッコにおまかせ!』(TBS系)の生放送で手術を受けたことを報告。2019年10月には修正手術も報告している。  

 山口いづみさんは手術の様子を2020年2月放送の『爆報! THEフライデー』(TBS系)で詳しく紹介している。

 さらに自身のブログで、手術に踏み切った理由を<心が頑張れなくなったから>とし、

<私の場合は右まぶたが瞳にかかるほどになり、気が付くと無意識に右手でまぶたをあげながらPCで作業したり運転したりしていました。 首肩が激しく凝り、頭が重く、関連性ははっきりしませんがドライアイが酷くなり、まぶたの落ちている方の角膜に傷ができて充血し、角膜を保護する目薬やステロイドの目薬を使い続ける日々でした> と綴っている。

 北斗晶さんは今年6月、眼瞼下垂の手術をしたことをブログで公表した。

まぶたが下がる眼瞼下垂(がんけんかすい)とは?

 眼瞼下垂はなぜ起こるのか。前出の金沢さんは、次のように説明する。

「これは眼瞼(まぶた)が下垂(垂れ下がる)病気です。

 私たちが目を開けるとき、まぶたにある眼瞼挙筋(きょきん)が収縮し、腱膜(けんまく)を介してまぶたが引っ張り上げられて目が開きます。ところが、加齢や損傷でこの腱膜が劣化し機能しなくなると、使い古したようにまぶたが下がるのです

正常な状態と眼瞼下垂との違い

 眼瞼挙筋の力が衰え、挙筋腱膜が薄くなり、眼瞼挙筋と瞼板との結合が緩む(伸びる)と、瞼板をうまく引き上げられずにまぶたが下がる。

【正常な状態】

【眼瞼下垂の状態】

 

眼瞼下垂の原因や症状は?軽度から重度までイラスト解説

「目をゴシゴシこすったり、ハードコンタクトレンズを長年使用してまぶたに物理的な負担をかけると、腱膜が破断しやすくなります。また、まぶたは眼瞼挙筋にぶら下がっている状態なので、強い負荷がかかって腱膜が劣化すると持ちこたえられなくなり、眼瞼下垂になります」(金沢さん・以下同)

 まぶたが落ちて黒目にかかると視野が狭くなる。

「それでも何とか目を開けようとすると、余計な力がかかり、おでこなどの筋肉が緊張したり、交感神経が興奮したりして、肩こり、頭痛、眼精疲労、心身疲労、不安障害、自律神経失調症などの症状が現れるのです」

 眼瞼下垂の症状には軽度~重度があり、「どの程度、皮膚が垂れ下がっているか」により分類される(イラスト参照)。

 眼瞼下垂を改善する治療を受ける場合、中等度(黒目の中心にある瞳孔にまぶたがかかっている状態)以上が保険適用の目安となる。目の開き具合は自分で確認しづらいので、自然に目を開けた状態を写真に撮り、黒目の見え具合を確認してみよう。

眼瞼下垂の症状

・正常

 目を見開いたときに眼球の上の白目が見える

・軽度下垂

 まぶたが黒目にかかる状態

・中等度下垂

 瞳孔の上側が一部隠れる状態

・重度下垂

 瞳孔が半分以上隠れる状態

いますぐ確認!「眼瞼下垂の徴候がわかるチェックリスト」

関連キーワード
ニックネーム可
入力されたメールアドレスは公開されません
編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最近のコメント

シリーズ

介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
神田神保町に誕生した話題の介護付有料老人ホームをレポート!24時間看護、安心の防災設備、熟練の料理長による絶品料理ほか満載の魅力をお伝えします。
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
老人ホーム(高齢者施設)の種類や特徴、それぞれの施設の違いや選び方を解説。親や家族、自分にぴったりな施設探しをするヒント集。
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
話題の高齢者施設や評判の高い老人ホームなど、高齢者向けの住宅全般を幅広くピックアップ。実際に訪問して詳細にレポートします。
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
介護食の基本や見た目も味もおいしいレシピ、市販の介護食を食べ比べ、味や見た目を紹介。新商品や便利グッズ情報、介護食の作り方を解説する動画も。
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の困りごとの一つに“ニオイ”があります。デリケートなことだからこそ、ちゃんと向き合い、軽減したいものです。ニオイに関するアンケート調査や、専門家による解決法、対処法をご紹介します。
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
話題のタレントなどの芸能人や著名人にまつわる介護や親の看取りなどの話題。介護の仕事をするタレントインタビューなど、旬の話題をピックアップ。
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護保険制度の基本からサービスの利用方法を詳細解説。介護が始まったとき、知っておきたい基本的な情報をお届けします。
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
数々ある介護のお悩み。中でも「排泄」にまつわることは、デリケートなことなだけに、ケアする人も、ケアを受ける人も、その悩みが深いでしょう。 ケアのヒントを専門家に取材しました。また、排泄ケアに役立つ最新グッズをご紹介します!