小学館IDについて

小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼント にお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
閉じる ×
暮らし

シニア層に人気「電動アシスト自転車」は「軽い、乗りやすい、パワーある」が新潮流

 季節はもう春。スーパーに買い物に出るにも、出かけやすい季節になってきた。“外出時の友”となるべく、電動アシスト自転車が売れている。

 2011年から2016年までの5年間で出荷台数は39万台から57万台に増加し、なかでも昨年は前年比1割以上の伸びを見せ、新年度のこの時期にさらなる販売増が見込まれているのだ。

 街を歩くと、前と後ろに子供を乗せて走るママたちの姿が目につくが、ママたちと同じ──いやそれ以上に中高年やシニア層の需要は高い。

「運転免許返納」で車の代わりに電動アシスト自転車を

 脚力や体力が低下した体でも、坂道や長距離を楽に走れることはもちろん、近年注目されている理由は、「車の代わり」ということにもある。自転車ジャーナリストで「自転車の安全利用促進委員会」メンバーの遠藤まさ子さんが言う。

「高齢者の危険運転や、運転免許返納が大きく報道される中で、車を自主的に手放そうとする人が増加しています。でも、そうした人たちも移動手段がなければ不便なことに変わりはない。そこで車の代わりに生活の足となるのが自転車です。電動アシスト自転車はパワーがあるだけでなく、こぎ出し時でもふらつきにくく転倒防止も期待できます」

 遠藤さんがこう話す通り、今、電動アシスト自転車は目覚ましい進化を遂げている。世界で初めて電動アシスト自転車が発売されたのは、1993年。ヤマハ発動機が“第1号”である『ヤマハ PAS』を世に送り出した。

「弊社は長年にわたりバイクを製造してきた歴史があり、電動アシスト自転車を手がけた当時は“自転車以上スクーター未満の新しい乗り物”を作ろうということで開発が始まりました。当初は、必ずしも女性やシニアをターゲットにしたものではなかったようです」(ヤマハPAS広報担当)

 試作を重ね、“自転車以上スクーター未満の新しい乗り物”として、誕生したのが電動アシスト自転車。その価格は約15万円と、それまで私たちの身近にあった通常の自転車よりはるかに高価格だったため、シニアや富裕層を中心にシェアが広がったという。バイクやスクーターのように免許を取る必要はなく、簡単に乗ることができて、しかもパワーがある──。電動アシスト自転車市場には他社も次々と参入し、バッテリーの小型化や低価格モデルの開発、乗りやすいデザインの追求などが続けられ、拡大してきた。

 そして現在、「軽い」「操作が簡単で乗りやすい」「パワーがある」の三拍子揃ったモデルが、各メーカーから多数販売されている。

タイヤが小さく軽いことで乗りやすく安全に

 各メーカーのパンフレットを開くと、中高生の通学向け、子供を乗せるママ向け、スポーツタイプなど多種多様。中高年やシニア層に向けての種類も多く、製品開発には利用者の声を広く聞くなど、“中高年・シニア目線”となっている。

「開発時から中高年層の意見を取り入れてきた」というのは、パナソニックから発売されている『Jコンセプト』。小型化、軽量化にこだわったモデルだ。

「デザインを決める段階からいわゆる“目利き世代”である50代、60代のかたに多く意見を聞き、乗り心地についても実際に試乗していただきました。走行感や乗り降りのしやすさなど、評価いただいています。

 中高年のかたが重要視されていることの1つに車体の軽さがあります。『Jコンセプト』は、フレームや車輪の素材にはアルミを採用し、軽さを追求。当社の電動アシスト自転車で最軽量を実現しました。ちょっとした段差で車体を持ち上げる時や押し歩きするときなども、とても軽く持っていただけます」(パナソニック広報担当)

 電動アシスト自転車=重い、というイメージはあるが、それが少しでも軽くなれば、駐輪場に停める時や、何かのはずみで車体を倒してしまった際にも動かしやすくなる。

 ブリヂストンの『アシスタユニプレミア20』も軽さと小ささにこだわり、中高年に人気のモデルで、この春には新色も発売される。『Jコンセプト』と同様、タイヤ径が20インチと小さく、軽さを追求した。タイヤが小さいと、何度もこがなければいけないと思いがち。でも、アシスト力があるため、心配する必要はない。

「重量も軽くてまたぎやすいのが、『アシスタユニプレミア20』の特徴です。中高年のかたが電動アシスト自転車に乗られる際には、何か障害物があったときにブレーキを踏んで、ぴたっと止まるということが重要になってくると思います。サドルの位置も低いので、座ったままでも足がつきやすく、何かあったときにキュッとブレーキを踏んでピタッと両足を地面につけることができるため、乗りやすさだけでなく安全性も向上します」(ブリヂストン広報部)

 実際に『アシスタユニプレミア20』の購買者は中高年が多く、利用者からは「コンパクトで足つきもよく、軽い」という声が届いているという。

 軽量、安全性など、機能はもちろん大切。だけど見た目にもこだわりたいのが本音。ヤマハ発動機が販売する『PAS Mina』は子育てがひと段落し、“自転車を自分のために選びたい”という女性にぴったりのモデルだ。

「レトロなデザインのスプリングベルや、クラシカルなペダル、ママチャリとは違う雰囲気で乗車姿勢も美しく見えるプロムナードハンドルなど、北欧テイストも取り入れ、デザイン性にこだわっています。前部分につけるバスケット(かご)など、別売りのアクセサリーも充実していて、“自分仕様”にカスタマイズをお楽しみいただけます」(前出・ヤマハPAS広報担当)

 もちろん、乗り心地がいいのは大前提。

「タイヤを太めにしているので、乗っているときの安定感も好評です。バッテリーの残量などを表示する液晶画面にはこれまでありそうでなかった時計表示がつき、利便性も向上しました」(同前)

※女性セブン2018年3月29日・4月5日号

【関連記事】

●街に急増中のピクトグラム!「マーク」「記号」最新案内

●高齢者が運転を長く安全に続けるための「産官学民連携プロジェクト」

●高齢者の運転 賛否両論のアンケート結果をどう考えるべきか

ニックネーム可
入力されたメールアドレスは公開されません
編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

この記事へのみんなのコメント

  • カッチヤマン

    今私の乗っている 自転車はブリヂストンの20インチオールアルミ製折り畳み自転車で車で運搬 長い間現場で移動に使用しておせわになりました。現在76歳になり風の強い日には向かい風に苦労していますのでこのタイプの電動自転車の発売を期待しています

シリーズ

介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
神田神保町に誕生した話題の介護付有料老人ホームをレポート!24時間看護、安心の防災設備、熟練の料理長による絶品料理ほか満載の魅力をお伝えします。
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
老人ホーム(高齢者施設)の種類や特徴、それぞれの施設の違いや選び方を解説。親や家族、自分にぴったりな施設探しをするヒント集。
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
話題の高齢者施設や評判の高い老人ホームなど、高齢者向けの住宅全般を幅広くピックアップ。実際に訪問して詳細にレポートします。
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
介護食の基本や見た目も味もおいしいレシピ、市販の介護食を食べ比べ、味や見た目を紹介。新商品や便利グッズ情報、介護食の作り方を解説する動画も。
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の困りごとの一つに“ニオイ”があります。デリケートなことだからこそ、ちゃんと向き合い、軽減したいものです。ニオイに関するアンケート調査や、専門家による解決法、対処法をご紹介します。
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
話題のタレントなどの芸能人や著名人にまつわる介護や親の看取りなどの話題。介護の仕事をするタレントインタビューなど、旬の話題をピックアップ。
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護保険制度の基本からサービスの利用方法を詳細解説。介護が始まったとき、知っておきたい基本的な情報をお届けします。
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
数々ある介護のお悩み。中でも「排泄」にまつわることは、デリケートなことなだけに、ケアする人も、ケアを受ける人も、その悩みが深いでしょう。 ケアのヒントを専門家に取材しました。また、排泄ケアに役立つ最新グッズをご紹介します!