暮らし

街に急増中のピクトグラム!「マーク」「記号」最新案内

 2020年のオリンピック・パラリンピックに向けて、外国人観光客にもわかりやすいように、15種類の案内用図記号が2017年の7月に追加されたのをご存じですか?

 また最近は、泣いている赤ちゃんを懸命にあやすパパやママに「泣いても気にしませんよ」という意思表示を示すマークが話題になったり、パッと見ではわからない障害を持っているかたに手を貸すきっかけになるものも増えています。普段、何気なく見ているお役立ち「マーク」や「記号」の最新情報をお届けします!

運転マーク

 若葉マークだけじゃありません。運転マークは、障害を持つかたが運転する車に貼るマーク。周囲を走るドライバーの配慮が必要となる。

mark05

●身体障害者標識

 肢体不自由であることを理由に、免許に条件を付されている人が表示。この「四つ葉マーク」の表示は努力義務。周囲の対応は右同様。

●聴覚障害者標識

 聴覚障害者が運転する普通車は表示が義務。危険防止のため以外の目的で、この車に幅寄せや割り込みを行った運転者は罰せられる。

子育て応援

 未来を担う子供にやさしい社会に。父親の子育て参加の推奨や、泣いている赤ちゃんへの配慮など、親子にやさしい取り組みだ。

mark04

●「パパの子育て応援」シンボルマーク

“子育て満足度日本一”を目指す大分県で使われている。男性の子育てを応援する機運を社会全体で高めることが目的。県のHPで「育児宣言」や「応援宣言」をしたり、イクメンセミナーに参加するとバッジやエコバッグなどのグッズがもらえる。

●「子育て支援パスポート」ロゴマーク

 店頭で各自治体のパスポートを提示すれば、協賛店でおむつ替えスペースや粉ミルクのお湯の提供、商品の割引、ポイントの付加など、子育て世帯がさまざまなサービスを受けられる(※自治体・店舗ごとに内容・条件が異なる)。全都道府県でコラボ活動展開中。

●「ALRIGHT BABY」プロジェクト

 奈良のベビーマッサージ教室が発案。非当事者(周囲)がスマホなどに貼り、赤ちゃん連れのパパ、ママに対して「寛容な気持ちですよ」「手助けしたいと思っていますよ」という気持ちを伝えるステッカーを162円で販売中。

困っている人がいる

 白い杖の人や、これらのマークをつけた人には、積極的に声をかけたり、手を貸そう。

●ハート・プラスマーク

 体の内部に障害がある人は100万人以上といわれ、「障害を目に見えるものにしよう」という主旨で2003年に誕生したマーク。外見からわかりにくい障害や疾患を持つ人の存在を示し、理解と協力の輪を広げている。

●「白杖SOSシグナル」普及啓発シンボルマーク

 視覚障害者が安全、安心に暮らせるように、白杖を頭上に掲げて周囲に助けを求めるシグナルだ。福岡県盲人協会が提唱し、岐阜市が作成。全都道府県で普及啓発が進められている。

●ヘルプマーク

 義足、人工関節、難病、妊娠初期など、外見からは援助が必要かどうかわからない人が、周囲の援助を得やすくなるように、東京都が作成。

認知症でも安心して暮らせるように…「みんなでさがシール」

mark_37

 広島県海田町では、2016年より認知症になっても住み慣れた地域で安心して生活を送れるよう、徘徊した際の早期発見・保護に役立つ『みんなでさがシール』を希望者に配布。靴のかかとや杖などにこのシールを貼り、困っている高齢者を見かけた時は、町への連絡を呼びかけている。

案内用図記号

 誰もがひと目でわかるように単純化したイラストをピクトグラムと呼ぶ。これが世に広まったきっかけは、なんと1964年に開催された東京五輪だった。

 街中のいたるところで見かける案内用図記号。2017年7月には以下のマークが追加された。

mark02

mark03

 

mark01

よく見るこのマークは何?

 

 上は、交通系ICカードの全国相互利用サービスに対応していることを示すシンボルマーク。JR東日本「Suica」等、このマークのある交通機関や店舗なら、日本中どこでも利用できる。

民泊マークもあるんです

mark_36

 一般社団法人『日本民泊協会』が認定する「JAPAマーク」。行政からの許認可を取得し、ホテルや旅館同様の衛生基準を守っている民泊施設に与えられる。協会は近隣住人への配慮を怠らず「安心、安全」と認識される団体を目指している。

他にもこんなマークが

空港など、その場で見れば想像できるものの、パッと見では認識しづらい記号を集めました。

mark09

mark07

mark10

mark08

※女性セブン2018年1月1日号

 

【関連記事】

●【週刊脳トレ】視覚や空間を認知する機能と注意力がアップ! 「線たどり」

●「認知症リスクが約半減」と話題の『ブレインHQ』記者がやってみた!

●高齢者が運転を長く安全に続けるための「産官学民連携プロジェクト」

ニックネーム可
入力されたメールアドレスは公開されません
編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

この記事へのみんなのコメント

  • 深町奏太

    ちょうど総合的な学習で福祉をやっていたので、とてもわかりやすかったです

  • 松崎

    自動車の高齢者マークが変わったときも思いましたが、見慣れて覚えるまでがなかなか大変です。 この記事のようにわかりやすくまとめて戴けると助かりますね。

シリーズ

介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
神田神保町に誕生した話題の介護付有料老人ホームをレポート!24時間看護、安心の防災設備、熟練の料理長による絶品料理ほか満載の魅力をお伝えします。
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
老人ホーム(高齢者施設)の種類や特徴、それぞれの施設の違いや選び方を解説。親や家族、自分にぴったりな施設探しをするヒント集。
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
話題の高齢者施設や評判の高い老人ホームなど、高齢者向けの住宅全般を幅広くピックアップ。実際に訪問して詳細にレポートします。
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
介護食の基本や見た目も味もおいしいレシピ、市販の介護食を食べ比べ、味や見た目を紹介。新商品や便利グッズ情報、介護食の作り方を解説する動画も。
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の困りごとの一つに“ニオイ”があります。デリケートなことだからこそ、ちゃんと向き合い、軽減したいものです。ニオイに関するアンケート調査や、専門家による解決法、対処法をご紹介します。
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
話題のタレントなどの芸能人や著名人にまつわる介護や親の看取りなどの話題。介護の仕事をするタレントインタビューなど、旬の話題をピックアップ。
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護保険制度の基本からサービスの利用方法を詳細解説。介護が始まったとき、知っておきたい基本的な情報をお届けします。
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
数々ある介護のお悩み。中でも「排泄」にまつわることは、デリケートなことなだけに、ケアする人も、ケアを受ける人も、その悩みが深いでしょう。 ケアのヒントを専門家に取材しました。また、排泄ケアに役立つ最新グッズをご紹介します!