小学館IDについて

小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼント にお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
閉じる ×
ニュース

認知症の新薬「アデュカヌマブ」とは?夢の根治薬となるのか

 高齢化が進む日本社会。そして2025年には高齢者の5人に1人が認知症を患うともいわれており、今後認知症治療がより一層重要視されることは間違いない。

 そんななか、最近発表されたある論文が世界中の認知症研究者に衝撃を与えた。8月31日、米国とスイスの研究チームが世界的な科学誌『Nature』に発表した治験の結果である。

アデュカヌマブを与えた患者群のアミロイドベータが減少

 治験では、米国とスイスの研究チームが60代から80代の初期アルツハイマー病患者165人を2つのグループに分け、一方の患者群に「アデュカヌマブ」という新薬を月1回、1年間接種し、同様に他方の患者群にプラセボ(偽薬)を接種した。

 すると、アデュカヌマブを与えた患者の脳内に、アルツハイマー病の原因である蓄積したアミロイドベータがほとんどのケースで減少し、健康な人と同じレベルになったケースもあったという。

 1906年にドイツの精神科医アルツハイマー博士によって、世界的に知られるようになったアルツハイマー病。博士の研究によると、病に侵された脳には健常者では見られない「老人斑」というシミがあることがわかった。その老人斑の正体は「アミロイドベータ」というたんぱく質。アミロイドベータが徐々に蓄積してかたまりになると、神経細胞が次々に死滅していき、記憶を中心とする脳機能を低下させる。同時に脳全体が次第に萎縮し、体の機能が失われていく。

アデュカヌマブはバイオ医薬品。認知症根治へつながるか!?

 アデュカヌマブは脳内のアンドロイドベータを除去する働きのある抗体であり、健康な高齢者から採取した免疫細胞の遺伝子を用いて製造されたバイオ医薬品なのだ。

 そもそも、アデュカヌマブの存在が初めて明らかになったのは、2015年3月にフランス・ニースで開かれた国際アルツハイマー・パーキンソン会議だった。米国のバイオ製薬バイオジェン社がアデュカヌマブを用いた臨床試験の中間結果を発表すると、

「認知症の根治につながる開発だ」
「どの薬も達成できなかったのに、なぜこの薬だけが成果を上げたのか」

 と一斉に驚きの声があがったのだ。その研究を引き継ぐ今回の治験で注目すべきは、「認知機能への効果」であると東京大学大学院医学系研究科神経病理学の岩坪威教授は解説する。

「アミロイドベータを取り除く働きはすでに数年前に証明されていました。今回、注目すべきはアミロイドベータを除去することと並行して、認知機能の低下を減速する効果があったことです。こうしたデータが客観的に出たのは初めてのことです」

 今回の治験では、アデュカヌマブの投与量を増やすと、増加分に比例してアミロイド蓄積が除去された。続けて患者に記憶の試験を行うと、認知機能の低下が緩やかになる「前向きな結果」が得られたという。

 認知機能が改善したという結果は、アデュカヌマブの投与により、死にかけていた脳内の神経細胞が息を吹き返したり、死んだはずの細胞が再生したりした可能性を示す。

 つまり、投薬でアミロイドベータを除去して症状の進行を食い止めるだけでなく、死んだはずの脳内の神経細胞を生き返らせることで、ついに認知症を“治す”ことができるかもしれないのだ。前出・岩坪教授も興奮を隠せない。

「少し前の治験では、アミロイドベータを除去しても認知機能には効果がありませんでした。今後、治験が進むと効果はより明確になるでしょう。認知症を根治する治療薬の可能性を示す治験として注目しています」

アデュカヌマブの治験は最終段階。今後5年で薬が出回る!?

 現在、アデュカヌマブの治験は、日本人の患者を含む計2500例以上を対象にして最終段階が行われている。

 開発が進むのはアデュカヌマブだけではない。効果は多少劣るものの、軽症者には効果がある新薬の治験が進んでいて、一部は今年末にも結果が出る。世界中の研究者と製薬会社が鎬を削る新薬の開発競争。岩坪教授は、「夢の根治薬」に思いを馳せる。

「今、進められている治験はどれも期待できるものばかりです。今後5年間くらいで効力の強い薬、認知機能の低下を遅らせたり、うまくいけば回復させたりする薬が世に出回り始めるのではないでしょうか」

 認知症を征圧するという人類の悲願までもう一歩だ。

※女性セブン2016年9月22日号

最新予防法からニュースまで満載!:シリーズ【認知症のすべて】を読む

paylessimages150116672.jpg - senior couple walking a single road holding hands

【シリーズ】認知症のすべて

関連キーワード
ニックネーム可
入力されたメールアドレスは公開されません
編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最近のコメント

シリーズ

介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
神田神保町に誕生した話題の介護付有料老人ホームをレポート!24時間看護、安心の防災設備、熟練の料理長による絶品料理ほか満載の魅力をお伝えします。
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
老人ホーム(高齢者施設)の種類や特徴、それぞれの施設の違いや選び方を解説。親や家族、自分にぴったりな施設探しをするヒント集。
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
話題の高齢者施設や評判の高い老人ホームなど、高齢者向けの住宅全般を幅広くピックアップ。実際に訪問して詳細にレポートします。
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
介護食の基本や見た目も味もおいしいレシピ、市販の介護食を食べ比べ、味や見た目を紹介。新商品や便利グッズ情報、介護食の作り方を解説する動画も。
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の困りごとの一つに“ニオイ”があります。デリケートなことだからこそ、ちゃんと向き合い、軽減したいものです。ニオイに関するアンケート調査や、専門家による解決法、対処法をご紹介します。
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
話題のタレントなどの芸能人や著名人にまつわる介護や親の看取りなどの話題。介護の仕事をするタレントインタビューなど、旬の話題をピックアップ。
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護保険制度の基本からサービスの利用方法を詳細解説。介護が始まったとき、知っておきたい基本的な情報をお届けします。
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
数々ある介護のお悩み。中でも「排泄」にまつわることは、デリケートなことなだけに、ケアする人も、ケアを受ける人も、その悩みが深いでしょう。 ケアのヒントを専門家に取材しました。また、排泄ケアに役立つ最新グッズをご紹介します!