連載

高木ブー、ハワイでアメリカ人ファンとも交流「応援にパワーをもらってます」|連載 第90回

「また来年もみんなで来ようね」――。ハワイでのステージが終わったあと、「1933ウクレレオールスターズ」のメンバーは、口々にそう言い合った。来年は90歳になったブーさんの歌声が、ハワイの空に響きわたる。帰国後、さっそく「志村けんの大爆笑展」に駆けつけるなど忙しく活躍するブーさんに、ハワイの思い出を語ってもらった。(聞き手・石原壮一郎)

雷様のケーキでひと足早く90歳を祝ってもらった

 このあいだまで行っていたハワイで、ひと足早く90歳の誕生日をお祝いしてもらったんだよね。「ウクレレピクニック・イン・ハワイ」に一緒に出場した「1933ウクレレオールスターズ」のメンバーをはじめ、ファンのみなさん、関係者のみなさんなど、全部で100人ぐらいの人が集まって、「おめでとう」と言ってくれた。嬉しかったな。

 バースディケーキにも感動した。雷様になった僕がウクレレを持っていて、頭に2本のツノと「9」と「0」のローソクが刺さってる。すごくよくできていて、運ばれてきた瞬間に思わず「うわっ!」って声をあげちゃった。関口和之君の奥さんのアイディアで、地元のよく知ってるケーキ屋さんに作ってもらったらしい。僕の顔もそっくりだよね。

 今回のハワイは雨や曇りの日が多かったんだけど、少しは青空も見られたから、まあよかったかな。「ハワイの晴れわたった青空に下でウクレレを弾いて歌う」というのは、また来年のお楽しみだね。「1933ウクレレオールスターズ」のステージが終わったときも、メンバー全員が口々に「また来年もみんなで来ようね」と言い合った。

 歌っているときも幸せだけど、ステージが終わってそう言い合えるのって、最高に幸せなんだよね。メンバーみんなが、お互いに「やり切ったね。がんばったね」とねぎらう気持ちと、「またこのメンバーでやりたい」という気持ちを伝えたり伝えられたりする。そのときの満足感は何とも言えない。音楽をやっててよかったと思える瞬間だね。

 日本に帰ってくる前の日だったかな、アラモアナセンターにあるウクレレ屋さんで、外国人の素敵な夫婦に声をかけられた。70代ぐらいかな。感激した様子でスマホの画面を見せてくれたんだけど、演奏している僕が写ってる。メインランドから観光でハワイに来て、ステージを見てくれてたみたい。「とても美しい歌声でした」なんて言ってくれた。

 ウクレレ屋さんに来てたってことは、もともとウクレレをやってたのかな。ウクレレピクニックを見て「自分たちも弾いてみよう」と思ってくれたのかな。そこは聞きそびれちゃった。どっちにしても、ハワイで買ったウクレレを夫婦で楽しんでほしい。記念撮影もしたけど、そのウクレレを弾くときに、僕のこともついでに思い出してくれたらいいな。

 日本に戻ってきてすぐに、多摩市の京王百貨店聖蹟桜ヶ丘店で2月末まで開催してた「志村けんの大爆笑展」の応援に行ってきた。いつもながらたくさんの人が来てたな。ハワイにいて初日には間に合わなかったんだけど、25日に行って写真撮影会をやった。嬉しかったのは、小学校2年生の女の子からファンレターをもらったこと。たぶん親御さんの影響だろうけど、子どもたちもドリフのコントを楽しんでくれてるのを実感した。

 さっきのハワイの夫婦もだけど、やっぱり僕はファンの応援にパワーを授けられてるんだなと思ったな。この連載の記事やインスタの投稿にも、いつもあたたかいコメントをたくさんもらってる。「まだまだがんばってください」なんて言われるたびに、「よし、まだまだがんばるぞ」って張り切っちゃう。我ながら単純だよね。

 3月1日には、加藤(茶)が80歳になった。1週間だけの「80代コンビ」で、8日には僕が90歳になる。80歳と90歳でキリがいいことだし、今年もいろんなことに挑戦してみたいな。そういえば加藤は80歳になったのを記念して、ツイッターを始めた。さっき見たら、まだ数日しか経ってないのに、フォロワーが8万人以上いた。さすがだよ。

 ふたつ目のツイートで、驚きの発表をしてたな。「7月に本を出版します。80年間の秘蔵写真やインタビュー、そしてファッションページまで盛りだくさんです。」だって。加藤が単独で本を出すのは初めてだと思う。どんなことが書いてあるのか、楽しみだな。

僕の著書が発売になります!

 本と言えば、じつは僕からもお知らせがあります。3月20日に2冊目の画集が出ることはもう話したけど、4月6日にもう一冊、僕の本が出ます。タイトルは『アロハ 90歳の僕 ゆっくり、のんびり生きましょう』。この連載をベースに、ドリフのこと、ウクレレのこと、家族のことなどなど、僕の全部を詰め込みました。秘蔵写真もたっぷり入ってます。

 もっと詳しく話したいけど、今回はこのぐらいで。高木ブーは「100歳まで現役」を目標に、ファンのみなさんのあたたかい声に支えられながら、さらに進化していきます。これからも応援してください!

高木ブー(たかぎ・ぶー)

1933年東京生まれ。中央大学経済学部卒。いくつかのバンドを経て、1964年にザ・ドリフターズに加入。超人気テレビ番組『8時だョ!全員集合』などで、国民的な人気者となる。1990年代後半以降はウクレレ奏者として活躍し、日本にウクレレブーム、ハワイアンブームをもたらした。CD『Hawaiian Christmas』『美女とYABOO!~ハワイアンサウンドによる昭和歌謡名曲集~』『Life is Boo-tiful ~高木ブーベストコレクション』など多数。著書に『第5の男 どこにでもいる僕』(朝日新聞社)、『高木ブー画集 ドリフターズとともに』(ワニ・プラス)など。YouTube「【Aloha】高木ブー家を覗いてみよう」(イザワオフィス公式チャンネル内)も大好評。同チャンネルでは期間限定で「ドリフ大爆笑」の名作コントのデジタルリマスター版を続々と配信している。毎月1回ニコニコ生放送で、ドリフとももクロらが共演する「もリフのじかんチャンネル ~ももいろクローバーZ×ザ・ドリフターズ~」が放送中。3月20日に『高木ブー画集RETURNS ドリフターズよ永遠に』(ワニ・プラス、2,700円+税)が発売。4月6日には、この連載をまとめた『アロハ 90歳の僕 ゆっくり、のんびり生きましょう』(小学館、2,200円+税)が発売!

取材・文/石原壮一郎(いしはら・そういちろう)

1963年三重県生まれ。コラムニスト。『大人養成講座』『大人力検定』など著書多数。1月26日に最新刊『無理をしない快感‐「ラクにしてOK」のキーワード108』(KADOKAWA)が発売。この連載ではブーさんの言葉を通じて、高齢者が幸せに暮らすためのヒントを探求している。

ニックネーム可
入力されたメールアドレスは公開されません
編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

シリーズ

介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
神田神保町に誕生した話題の介護付有料老人ホームをレポート!24時間看護、安心の防災設備、熟練の料理長による絶品料理ほか満載の魅力をお伝えします。
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
老人ホーム(高齢者施設)の種類や特徴、それぞれの施設の違いや選び方を解説。親や家族、自分にぴったりな施設探しをするヒント集。
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
話題の高齢者施設や評判の高い老人ホームなど、高齢者向けの住宅全般を幅広くピックアップ。実際に訪問して詳細にレポートします。
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
介護食の基本や見た目も味もおいしいレシピ、市販の介護食を食べ比べ、味や見た目を紹介。新商品や便利グッズ情報、介護食の作り方を解説する動画も。
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の困りごとの一つに“ニオイ”があります。デリケートなことだからこそ、ちゃんと向き合い、軽減したいものです。ニオイに関するアンケート調査や、専門家による解決法、対処法をご紹介します。
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
話題のタレントなどの芸能人や著名人にまつわる介護や親の看取りなどの話題。介護の仕事をするタレントインタビューなど、旬の話題をピックアップ。
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護保険制度の基本からサービスの利用方法を詳細解説。介護が始まったとき、知っておきたい基本的な情報をお届けします。
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
数々ある介護のお悩み。中でも「排泄」にまつわることは、デリケートなことなだけに、ケアする人も、ケアを受ける人も、その悩みが深いでしょう。 ケアのヒントを専門家に取材しました。また、排泄ケアに役立つ最新グッズをご紹介します!