小学館IDについて

小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼント にお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
閉じる ×
健康

異変を見逃しやすい女性は要注意!脳梗塞を経験した麻木久仁子さんが感じた予兆とは

「サイレントキラー」と呼ばれ、ある日突然、脳と心臓をめがけて襲ってくる死の病。しかし、実際はその前に体がSOSを発している。がんに次いで日本人に多く、「国民病」といわれる「血管死」から身を守るための「予兆」を見逃さないようにしたい。48才で脳梗塞を患ったタレントの麻木久仁子さん(61才)に実体験を聞いた。

教えてくれた人

渡辺尚彦さん/日本歯科大学病院内科客員教授、平野照之さん/杏林大学医学部教授、室井一辰さん/医療経済ジャーナリスト、麻木久仁子さん/タレント、大塚亮さん/おおつか医院院長・循環器専門医

日中と朝晩の寒暖差が激しい時期は脳梗塞や心筋梗塞に注意

 2024年のゴールデンウイークは最大10連休で超大型休暇を満喫中の人も多いかもしれない。新緑の季節、春の行楽に心躍る人は多いだろう。

 しかし、そんな楽しい気分が一転、命の危機に発展するかもしれない。日本歯科大学病院内科客員教授で、高血圧に詳しい渡辺尚彦さんが言う。

「朝と夜に急激に気温が下がりやすく、1日ごとの寒暖差も激しいこの時期は血管系の病気が原因で患者が運ばれてくることが多い。その理由は、急に冷えると血圧が急上昇して血栓が飛びやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高くなることにあります。これから暑くなる時期も注意が必要。体が脱水気味になり血液の粘稠(ねんちゅう)度が上がると、脳梗塞や心筋梗塞を発症しやすくなります」

 特に年を重ねた女性ほど脳卒中や心筋梗塞のリスクが高くなると話すのは、杏林大学医学部教授で脳卒中の治療に詳しい平野照之さんだ。

「脳卒中も心筋梗塞も血管の病気なので、動脈硬化がリスク因子になる。女性ホルモンには動脈硬化を防ぐ作用がありますが、閉経後は女性ホルモンの分泌が減るため加速度的に動脈硬化が進みます」

 医療経済ジャーナリストの室井一辰さんは、「しかも、女性は異変を見逃しやすいから注意が必要」と続ける。

「脳卒中や心筋梗塞は前触れもなく倒れるというイメージを持っている人が多いですが、必ずしもそうではなく、実はさまざまな予兆がある。例えば脳卒中なら言語障害や手足のしびれ、心筋梗塞なら吐き気などの消化器症状が出たり、背中や喉の痛みを感じたりすることがあります。しかし、女性はそれらを更年期障害の症状だと思い込み、見過ごしてしまう人が多い。そもそも女性は痛みに対してがまん強いこともあり、一刻を争う病気だとは思わずに治療が遅れやすいのです。実際、心筋梗塞の死亡率では、女性は男性の2倍高いというデータがあります。治療の遅れが、女性の死亡率の高さに関係していると思われます」(室井さん)

 血管病で死にたくなければ、女性こそ「予兆」について知るべきなのだ。

脳梗塞を経験した麻木久仁子さん「予兆はあった」

 血管病の1つである脳卒中は「脳梗塞」「脳出血」「くも膜下出血」の3種類に大別される。脳の血管が詰まって血流が途絶えるのが脳梗塞、破れて脳内出血するのが脳出血、脳の動脈にできた瘤(こぶ)が破裂するのがくも膜下出血だ。

「いま思い返すと、ある日突然右手と右足がしびれ始めたのが大きなサインでした」

 そう話すのは、48才で脳梗塞を経験したタレントの麻木久仁子さん(61才)だ。

「正座をした後、立ち上がったときのようなジーンとした感じがあって、歩こうとしても足に力が入らない。ドアの鍵を開けようとしても、震えて鍵穴に入らなかったほどです」(麻木さん)

 平野さんは「体の片側だけに異変が現れたときは脳の症状が疑われる」と話す。

「脳の病気と聞けば頭痛を想像するかもしれませんが、脳梗塞も脳出血も、頭痛が予兆であることは少ないです。ただし、くも膜下出血だけは、激烈な頭痛に襲われます。脳は左右それぞれが体の反対側をつかさどっているので、発症部位が右脳なら体の左側、左脳なら体の右側に症状が出ます。痛みがなくても体の片側だけに異変が現れたときは、脳卒中を疑ってください」(平野さん)

 34才で脳梗塞を経験したフリーアナウンサーの大橋未歩さん(45才)も、かつて本誌のインタビューで<洗面所で顔を洗っていて、右手が左手に触れたとき、まるでマネキンの手に触っているかのように感覚がなかったのです。まあいいか、と洗顔クリームを取ったはずが手のしびれでうまくつかめず、気がついたら床に散乱していました。拾おうとしたところで、倒れたんです>と明かしている。

 このように脳梗塞の場合は「発症の前段階の発作」が起きることがある。有名なのは、2000年に亡くなった小渕恵三元首相(享年62)が、夜の記者会見で10秒ほど言葉を失った場面だ。その会見から数時間が経過した深夜に、脳梗塞を発症して意識を失い、約1か月半後に亡くなった。

「言葉につまる」「急につまずく」は脳梗塞の典型的な予兆

ニックネーム可
入力されたメールアドレスは公開されません
編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最近のコメント

シリーズ

介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
神田神保町に誕生した話題の介護付有料老人ホームをレポート!24時間看護、安心の防災設備、熟練の料理長による絶品料理ほか満載の魅力をお伝えします。
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
老人ホーム(高齢者施設)の種類や特徴、それぞれの施設の違いや選び方を解説。親や家族、自分にぴったりな施設探しをするヒント集。
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
話題の高齢者施設や評判の高い老人ホームなど、高齢者向けの住宅全般を幅広くピックアップ。実際に訪問して詳細にレポートします。
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
介護食の基本や見た目も味もおいしいレシピ、市販の介護食を食べ比べ、味や見た目を紹介。新商品や便利グッズ情報、介護食の作り方を解説する動画も。
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の困りごとの一つに“ニオイ”があります。デリケートなことだからこそ、ちゃんと向き合い、軽減したいものです。ニオイに関するアンケート調査や、専門家による解決法、対処法をご紹介します。
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
話題のタレントなどの芸能人や著名人にまつわる介護や親の看取りなどの話題。介護の仕事をするタレントインタビューなど、旬の話題をピックアップ。
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護保険制度の基本からサービスの利用方法を詳細解説。介護が始まったとき、知っておきたい基本的な情報をお届けします。
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
数々ある介護のお悩み。中でも「排泄」にまつわることは、デリケートなことなだけに、ケアする人も、ケアを受ける人も、その悩みが深いでしょう。 ケアのヒントを専門家に取材しました。また、排泄ケアに役立つ最新グッズをご紹介します!