暮らし

シニア世代におすすめ<災害時の備え>毎年同じ月に備蓄を見直す【1年ストック法】など家事アドイザーが解説

 災害に備えて水や食糧を備蓄しておかなければと思うものの、実際どのくらいの量が必要なのかしっかり考えて備えているだろうか?節約・家事アドバイザーとして活躍しながら、防災士の資格も取得した矢野きくのさんが実践する、備蓄のストック方法を教えてもらった。

この記事を執筆した専門家

家事・節約アドバイザー・矢野きくのさん

節約・家事アドバイザー。防災士の資格を持つ。家事の効率化、家庭の省エネを中心にテレビ・講演・連載などで活動。NHK『ごごナマ』準レギュラー他テレビ出演多数。新聞での連載のほか自動車メーカー、家電メーカーなどの企業サイトでコラムの執筆経験も。近年は中高年層の家事アドバイスや家庭でできるSDGsについての講演、SNSでの情報発信でも活動している。著書『シンプルライフの節約リスト』(講談社)、『「節電女子」の野菜レシピ!』(アスコム)、『50代からの自宅の片づけ 実家の片づけ』(扶桑社ムック) など。https://yanokikuno.jp/

災害時には1週間の備えが必要に

 多くの犠牲者を出した東日本大震災から13年が経つ今年、元旦には能登半島地震が発生し、日本ではいつどこで地震が起きてもおかしくないということを実感している人も多いことと思います。

 しかし「いつどこで地震がおきてもおかしくない」と思う一方で、「自分が住んでいる場所」と直結して考える人は多くないようです。

 災害への備えはできているでしょうか。

 例えば食料品の備蓄に関して、政府は、以前には「3日分の備蓄を」と言っていましたが、近年は「1週間分の備蓄をするのが望ましい」と言うことが多くなってきています。

 とくにシニアのかたには、いざというときに少しでも不安要因となることを減らすためにも、食料、飲料は最低でも1週間、できればそれ以上の量を備蓄しておくほうが良いでしょう。

最低1週間、備蓄すべき水の量は?

 それでは1週間分というとどれくらい備蓄したら良いのでしょうか。

 まずは水から考えてみます。水は飲料として、1人につき1日2リットル、生活用水として1リットルの合計3リットルが必要といわれています。

 1人1日3リットルで7日分となると、21リットルなので、2リットルのペットボトル11本あれば良いということになります。

 2リットルのペットボトルは6本1箱になっているものが多いので、2箱が目安となります。ダンボール2箱であれば、家の中のどこかに積んでおくことも可能ではないでしょうか。

 仮に長期断水になり、給水車が来たとしても水を運ぶというのはかなり重労働なので、シニアのかたにはとくに水の備蓄をおすすめします。

最低1週間、備蓄すべき食料品の量は?

 断水、停電、さらにガスも止まった状態を想定して、そのような状況でも食べられるものを1週間分備蓄しておく必要があります。

 かつては、備蓄食料といえば、カンパンなどが代表的なもので、その記憶が強いシニアのかたは、備蓄食料に対して情報がアップデートされていないかもしれません。しかし現在は、保存技術も発達し、さまざまな食料品が長期保存できるようになっています。

 長期保存できると言っても、4年、5年と保存するものを揃えるのではなく、半年~1年保存できるものを買って備蓄食料としておき、入れ替え時期になったら古くなったものを食べるという方法をおすすめします。

 4年5年と長期保存できるものは、期限を忘れてかえって賞味期限切れとなってしまう可能性が高いからです。半年や1年であれば、3月と9月など入れ替え時期を決めておけば忘れずに入れ替えることができます。

毎年決まった月に入れ替える『1年ストック法』

 筆者は最近までは半年ごとに入れ替える「半年ストック法」をやっていましたが、最近では1年保存できるものも増えているので『1年ストック法』に変えて、毎年3月に入れ替えるようにしています。

 1人あたり1日3食で1週間だと21食分の食料になります。

 まずは主食となるものの数を揃えます。パックご飯や短い茹で時間でいい乾麺なども良いでしょう。どちらも1年保存できるものはあります。

 さらに、いくつかレトルトのお粥を入れておくと、食欲が落ちてしまう可能性があるシニアのかたでも食べることができるので安心です。

 1週間分の主食の種類にあわせて、おかずになりそうなものも揃えていきます。レトルト食品というとカレーだけを思い浮かべるかもしれませんが、今はパックご飯にかける玉子丼や牛丼のようなものもあります。缶詰で食べやすい魚などを用意しておくのも良いでしょう。

 また、野菜がたっぷりとれるレトルトのスープや味噌汁などもおすすめします。

【まとめ】1週間分の備蓄とストック法(1人あたり)

:1日3リットル(21リットル)→2リットルのペットボトル11本(6本入り2箱)

食料品:1日3食(21食分)→1年賞味期限があるものを1年間ごとに入れ替える「1年ストック法」がおすすめ

食べられないときも考え「あると安心なもの」

 いつ体調不良になるかも分からず食べられないときもあるかもしれません。ゼリータイプの栄養がとれるものもあると安心です。

 食料や飲料以外に、トイレットペーパーや除菌ウェットティッシュ(アルコールタイプとアルコールが使われていないもの)、日頃服用している薬があれば主治医と相談して少し多めにもらっておく等、まだまだ揃えておくべきものはあります。

 繰り返しになりますが、日本ではいつどこで地震が起きてもおかしくありません。いざというときに自分が困らないために、ぜひ備蓄をしておいてくださいね。

●「防災リュックに粘着テープを入れておくべき」理由と災害時の活用法を専門家がアドバイス

●在宅介護における防災対策を徹底解説 自力で動けない人、車いす利用者の避難方法などもしもに備えて覚えておきたいこと

●障害のある母と災害時の避難について考察「もしもの時に備える」ことが理解できない困った問題と対策

ニックネーム可
入力されたメールアドレスは公開されません
編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

シリーズ

介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
神田神保町に誕生した話題の介護付有料老人ホームをレポート!24時間看護、安心の防災設備、熟練の料理長による絶品料理ほか満載の魅力をお伝えします。
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
老人ホーム(高齢者施設)の種類や特徴、それぞれの施設の違いや選び方を解説。親や家族、自分にぴったりな施設探しをするヒント集。
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
話題の高齢者施設や評判の高い老人ホームなど、高齢者向けの住宅全般を幅広くピックアップ。実際に訪問して詳細にレポートします。
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
介護食の基本や見た目も味もおいしいレシピ、市販の介護食を食べ比べ、味や見た目を紹介。新商品や便利グッズ情報、介護食の作り方を解説する動画も。
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の困りごとの一つに“ニオイ”があります。デリケートなことだからこそ、ちゃんと向き合い、軽減したいものです。ニオイに関するアンケート調査や、専門家による解決法、対処法をご紹介します。
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
話題のタレントなどの芸能人や著名人にまつわる介護や親の看取りなどの話題。介護の仕事をするタレントインタビューなど、旬の話題をピックアップ。
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護保険制度の基本からサービスの利用方法を詳細解説。介護が始まったとき、知っておきたい基本的な情報をお届けします。
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
数々ある介護のお悩み。中でも「排泄」にまつわることは、デリケートなことなだけに、ケアする人も、ケアを受ける人も、その悩みが深いでしょう。 ケアのヒントを専門家に取材しました。また、排泄ケアに役立つ最新グッズをご紹介します!