連載

兄がボケました~若年性認知症の家族との暮らし【第244回 寝坊でデイケアをお休みした日」

 若年性認知症の兄と暮らすライターのツガエマナミコさんが綴るエッセイ。今回のお話は、兄が朝起きずデイケアに行けなかったというお話。週1回、兄がデイケアに行く日はマナミコさんにとって息抜きのとき、ストレス解消の“一人カラオケ”に出かけられる貴重な日なのです。しかし、その大事な日に、兄はなかなか起きてくれず…。

 * * *

起きない兄との格闘

 いや~、やられました。

 デイケアの朝、起きないモードに突入されてしまいました。

 何度起こしに行っても、「あんパンあるから食べよう」とニンジンをぶら下げても、「ふん、ふん」というばかりで起きようとしてくれません。10分説得し、しばらく放置し、忘れた頃にまた「おはようさん!」と言ってみると今度は少し起きる気配を見せるものの、やはり起きない。

 おでこを触ってみても熱はなさそう。「どこか痛い?」「具合悪い?」「大丈夫?「起きられる?」と聞いても「ふん、ふん」と言うばかりで「うん」とも「ううん」とも取れない返事ばかり。それを何セットも繰り返すうちに、8時になってしまいました。デイケアのお迎えは8時35分。「今日は間に合わない」と判断したわたくしは、「お迎えの時間に間に合いそうにないので送迎はナシでお願いします。行けそうだったら歩いて行きます」とデイの施設にお電話をいたしました。施設までは歩いて2~3分です。車に乗るのが好きな兄のために送迎を利用し、長く乗れるように一番はじめに乗せてもらうようになって1年ほどが経ちました。でも本来は9時30分までに徒歩で通っていたのでございます。

 あと1時間半あれば、何とかなるだろうと、その後も「朝だよ~、起きましょう」という声掛けと、しばらく放置を繰り返しましたが、9時30分になっても起きようとしてくれませんでした。「施設に入れるのは10時までです」とご連絡をいただき、「今日はお休みします」とお伝えいたしました。

 そうなったらもう、いつまで寝ていてもらってもいいので、イラつくことなくお仕事を開始。お昼に「お昼になっちゃったよ」と起こしに行ったけれども相変わらずだったので、わたくしもお昼ご飯を抜いてお仕事。気付けば3時を過ぎており、さすがに本格的に起こさねばと思い、長期戦覚悟で臨みました。「もう3時すぎちゃったよ」というと「へへぇ」とにっこりしたので起きるかなと思ったのですが、体が固まっているようで体制を変えられないようでございました。

 床敷きの敷布団の頭の方を持ち上げると「イテテ、アイテテ、何すんだよ」と言われました。でもここでひるんではダメだと思い、上半身を立たせるように足を入れて背中を支え、10分ほど座った状態にすると、ようやく起き上がる気になったのか、文字通りの”重い腰”を持ち上げてくれました。朝から数えると8時間30分ほどかかったでしょうか。

 恒例の横漏れで、脇腹から太ももの辺りまでびっしょり濡れておりました。シャワーに誘導し、服を脱がせ、お湯をかけると「いいね~」といつも通りのごきげんっぷり。浴室暖房やすぐにお湯の出るシャワーがあることのありがたみをヒシヒシ感じました。

 朝食のパンとお昼の焼きうどんを一気に召し上がり、これで夕飯が少し遅くなっても大丈夫だろうと思ったところが、夕方キッチンをうろつき、炒めかけのフライパンの野菜に指を突っ込んでつまみ食いするありさま。自由過ぎる兄にムカつくやら、あきれるやらの一日でございました。

 夕方まで起きなかったのはこれまでにもございました。けれど、デイケアの日としてはお初です。恒例の一人カラオケができなかったことは悔しいですが、またすぐにショートステイが待っております。起床を急かせばますます起きないモードに入ってしまいますし、「起きましょう」としつこく言い続ければ逆に起きる気を失くしてしまいます。適度に押し引きしながら時間をかけて徐々に起こすしか、わたくしには思いつきません。ショートステイの朝は早めに起こしはじめなければいけないなと戦略を練っているツガエでございます。

◀前の話を読む 次の話を読む

この連載の一覧へ!

文/ツガエマナミコ

職業ライター。女性61才。両親と独身の兄妹が、8年前にそれぞれの住処を処分して再集合。再び家族でマンション生活を始めたが父が死去、母の認知症が進み、兄妹で介護をしながら暮らしていたが、母も死去。そのころ、兄の若年性認知症がわかる(当時57才、現65才)。通院しながら仕事を続けてきた兄だったが、ついに退職し隠居暮らしを開始。病院への付き添いは筆者。

イラスト/なとみみわ

●「デイケアとデイサービスの違いは?」社会福祉士のライトさんが通所リハビリを超簡単解説!

●「ショートステイ」とは? 利用条件、介護保険は使える? サービスや費用を徹底解説

●カラオケで出る「幸せホルモン」が認知症を予防!?ノリノリで歌う健康効果

ニックネーム可
入力されたメールアドレスは公開されません
編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

この記事へのみんなのコメント

  • ふじこちゃん

    ツガエさん こんにちは いつも同感しながらエッセイ読ませていただいています。されど、かわいいイラストとは裏腹な毎日のご苦労に胸が苦しくなります。 家の父は御歳90歳…レビー小体認知症です。幻視やパーキンソン症状がある病気です。 分かったのは5年前。最初は要介護1でした。 転倒して硬膜下血腫さらに腰椎圧迫骨折…介助なしで歩くのは難しくなりました。 現在は要介護4で、週3回のデイケア、月一回のショートステイなど利用しながらワンオペ在宅介護しています。 父も朝なかなか起きれず、デイケアのお迎えはあきらめて お昼前に車で送っています。 最近は放っておくと夕方まで寝ていて…薬も食事も飛んでしまうので困ったもんです。 デイケアに行っている間とぐっすり睡眠している間が、私の貴重な時間となります。 なのに…先日父は誕生日に転倒してしまい救急搬送。異常なしでしたが、転倒をいかに回避するかが私の最大のミッションなのです。 お身体に気を付けて、ガス抜きしながらお過ごしくださいね。

シリーズ

介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
神田神保町に誕生した話題の介護付有料老人ホームをレポート!24時間看護、安心の防災設備、熟練の料理長による絶品料理ほか満載の魅力をお伝えします。
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
老人ホーム(高齢者施設)の種類や特徴、それぞれの施設の違いや選び方を解説。親や家族、自分にぴったりな施設探しをするヒント集。
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
話題の高齢者施設や評判の高い老人ホームなど、高齢者向けの住宅全般を幅広くピックアップ。実際に訪問して詳細にレポートします。
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
介護食の基本や見た目も味もおいしいレシピ、市販の介護食を食べ比べ、味や見た目を紹介。新商品や便利グッズ情報、介護食の作り方を解説する動画も。
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の困りごとの一つに“ニオイ”があります。デリケートなことだからこそ、ちゃんと向き合い、軽減したいものです。ニオイに関するアンケート調査や、専門家による解決法、対処法をご紹介します。
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
話題のタレントなどの芸能人や著名人にまつわる介護や親の看取りなどの話題。介護の仕事をするタレントインタビューなど、旬の話題をピックアップ。
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護保険制度の基本からサービスの利用方法を詳細解説。介護が始まったとき、知っておきたい基本的な情報をお届けします。
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
数々ある介護のお悩み。中でも「排泄」にまつわることは、デリケートなことなだけに、ケアする人も、ケアを受ける人も、その悩みが深いでしょう。 ケアのヒントを専門家に取材しました。また、排泄ケアに役立つ最新グッズをご紹介します!