連載

兄がボケました~若年性認知症の家族との暮らし【第248回 4年ぶりにテニス】

 ライターのツガエマナミコさんは、57才で若年性認知症を発症した兄(現・65才)と暮らし、生活全般のサポート中です。排泄のトラブルなど、マナミコさんを悩ませる兄の様子に日々忙殺されているのですが、ショートステイを活用するようになり、ようやく自分の時間をもつことができるようになりました。今回はお友達と久しぶりにテニスしてきたというお話です。

 * * *

筋肉痛の中、お尿さまのお掃除

 ショートステイ中に来る、急なお誘いパート2で、先日テニスをしてまいりました。

 コロナ禍前は月1回ほど参加しておりましたが、コロナ禍で何の連絡も来なくなりテニスとは縁が切れたと思っておりました。4年間、買い物が唯一の運動という体たらくでしたので、「やめておこうかな」とも思いました。でも行こうと思えば行けるチャンスだったので「これは神の啓示」と解釈し、参加した次第でございます。

 シューズやウエアを引っ張り出して鞄に詰める作業は深夜までかかり、しまいっぱなしのラケットを取り出してみると、グリップテープが劣化して溶けている有様。当日にテニスショップに開店と同時に入り、グリップテープを購入し、一路湘南茅ケ崎へ向かいました。

 茅ケ崎には昨年亡くなった友人のお墓があるので、まずはお墓へ寄って、その足でテニスコートに向かいました。「怪我しないように見守っておくれよ」と願いつつ。

 快晴で初夏の日差しの中、4年ぶりのテニスは惨憺たるものでございました。わたくし以外は上手な方ばかりなので、打ちやすいところに返してくださるのですが、走っても間に合わず、急に止まれば足が攣り、サーブでは腕が上がらない。それでも上手な方々のおかげで青空の下、ヘロヘロになりながらゲラゲラ笑って帰ってまいりました。亡き友のおかげか、怪我もなく、まさに「テニス最高!」の1日でございました。

 そんなこんなで、只今絶賛筋肉痛でございます。日焼けで全身がだるく、右腕を動かす度に痛みが走っております。不安だった右ひざ関節も痛みが増し、床の拭き掃除は苦行でございます。よって61歳で4年ぶりのテニスは厳しいという結論。でもまたやりたい気持ち満々でございます。

 誘ってくださったご夫婦は相変わらず底抜けに明るく、お子さんも社会人となり、順風満帆だとばかり思っておりました。ですが、最近お嬢さんが精神科の病院に入院していたとのこと。一時は寝る際にも一人にしておけなかったというお話を伺い、「人は表に出さないだけでみんな困難を抱えている」と実感いたしました。他人を羨むのはお門違い。自分だけが悲劇のヒロインだと思いあがってはいけないと間接的に教えていただきました。
 
 とはいえ、兄がショートステイから帰ってくるとストレスの絶えない日々。

 前回は毛布が便器に突っ込まれておりましたが、先日は夕方、枕が浸かっておりました。お尿さまをしたと思われる水で少々濡れた枕を取り出して洗濯機に放り込みました。洗濯できる枕を選んでよかったと心から思い、その日は枕なしで寝ていただきました。

→毛布が便器に入っていたときのエピソードを読む

 お仕事で外出する日は、家に帰りたくない心境になります。昨日は玄関でお尿さまに出迎えられました。着替えの前に雑巾がけでございます。お尿さまの浸みた靴下で歩き回る兄を冷ややかに見つめ、ため息が出ました。

 食卓の兄の椅子の下もお昼の食べこぼしとともに水たまり状態。部屋のアチコチに張り巡らしたペットシートもところどころお尿さまの跡がございました。筋肉痛の体に鞭うち、お掃除を終えると、夕食に買ってきたお弁当を兄の前にドンと置き、わたくしは自室にこもりました。一人になれる部屋がある平和に感謝しながらわたくしも一人静かにお弁当をいただきました。

 ストレスがグッと上がったその頃、新聞で小さな記事を発見いたしました。

 ざっくり申し上げると「育児ストレスの高い人は腸内細菌の多様性が低い研究結果が出た」という記事でございます。逆にいうと腸を守る細菌が多いとストレスから回復する能力が高いのだとか。育児ノイローゼや虐待防止につながるかも・・とさらなる研究が期待されているそうでございます。

「そうか!腸内環境を良くすればストレス溜まりにくいのね」ということで、ツガエは今宵、食物繊維たっぷりのきんぴらごぼうを作ることにいたします。 

 ちなみに「大根頭にごぼう尻」ということわざはご存じでしょうか? なんだか怪しげな女体が現れそうですが、大根は頭の方が甘く美味しく、ごぼうはお尻の方が柔らかく美味しいことを表す言葉のようでございます(参考:農林水産省サイト)。

 どうかみなさまのストレスも少なくなりますように、合掌。

前の話を読む 次の話を読む

この連載の一覧へ!

文/ツガエマナミコ

職業ライター。女性61才。両親と独身の兄妹が、8年前にそれぞれの住処を処分して再集合。再び家族でマンション生活を始めたが父が死去、母の認知症が進み、兄妹で介護をしながら暮らしていたが、母も死去。そのころ、兄の若年性認知症がわかる(当時57才、現65才)。通院しながら仕事を続けてきた兄だったが、ついに退職し隠居暮らしを開始。病院への付き添いは筆者。

イラスト/なとみみわ

●認知症リスクを高める<アカン食生活>14選「脳にいい理想的な食事のバランスや食べ方」を3人の専門医が提言

●「まごはわさしい」で作る腸活メニュー|日本の発酵食品はやっぱりすごい

 

ニックネーム可
入力されたメールアドレスは公開されません
編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

この記事へのみんなのコメント

  • 五月は鯉の吹き流し

    上手に気分転換なされているようでほっとしました。 ご友人の娘さん、心配だったことでしょうね。これからの人生を穏やかに過ごせますよう赤の他人ですが祈らずにいられません。さて、お兄さんは目を離したら粗相をすると思ってかかるしかないですね。イメージでは排泄の回数が多いような気がしますが、そうでもないのでしょうか。お兄さんを1人置いての外出も短時間でも難しい段階に来ているように思います。うんざりでしょうけど、一度こってりと1週間、お兄さんの丸一日の行動を記録してみてほしいです。動画を撮るという方法もありかもしれません。認知症症例の貴重な資料になるかと思います。この連載を読みながら、なかなかに壮絶であり、これからは自らも独身で同じく独身のきょうだいの世話をしなくてはならない人が増えてくるでしょうし、おそらくしばらくは世間の共感を得続けると思うので、書籍化はもちろん、テレビや動画サイトなどでも情報提供なさるといいのではないかと勝手に思っています。

  • みみこ

    つがえさま カラオケやテニス、好きなことをする時間、大切にしてくださいね。 私も親の介護中です。 空気の重い家に帰りたくないとき多いですし、家では自分の部屋だけがぼーっとできる場所です スーパーに行くとき立ち寄るカフェタイムが趣味なのですが、ささやかでも好きなこと守らないと介護ってこころ折れますよね。 どうぞお身体にお気をつけて、テニス楽しんでくださいね♪

最近のコメント

シリーズ

介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
介護付有料老人ホーム「ウイーザス九段」のすべて
神田神保町に誕生した話題の介護付有料老人ホームをレポート!24時間看護、安心の防災設備、熟練の料理長による絶品料理ほか満載の魅力をお伝えします。
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
「老人ホーム・介護施設」の基本と選び方
老人ホーム(高齢者施設)の種類や特徴、それぞれの施設の違いや選び方を解説。親や家族、自分にぴったりな施設探しをするヒント集。
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
「老人ホーム・介護施設」ウォッチング
話題の高齢者施設や評判の高い老人ホームなど、高齢者向けの住宅全般を幅広くピックアップ。実際に訪問して詳細にレポートします。
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
「介護食」の最新情報、市販の介護食や手作りレシピ、わかりやすい動画も
介護食の基本や見た目も味もおいしいレシピ、市販の介護食を食べ比べ、味や見た目を紹介。新商品や便利グッズ情報、介護食の作り方を解説する動画も。
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の悩み ニオイについて 対処法・解決法
介護の困りごとの一つに“ニオイ”があります。デリケートなことだからこそ、ちゃんと向き合い、軽減したいものです。ニオイに関するアンケート調査や、専門家による解決法、対処法をご紹介します。
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
「芸能人・著名人」にまつわる介護の話
話題のタレントなどの芸能人や著名人にまつわる介護や親の看取りなどの話題。介護の仕事をするタレントインタビューなど、旬の話題をピックアップ。
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護の「困った」を解決!介護の基本情報
介護保険制度の基本からサービスの利用方法を詳細解説。介護が始まったとき、知っておきたい基本的な情報をお届けします。
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
切実な悩み「排泄」 ケア法、最新の役立ちグッズ、サービスをご紹介
数々ある介護のお悩み。中でも「排泄」にまつわることは、デリケートなことなだけに、ケアする人も、ケアを受ける人も、その悩みが深いでしょう。 ケアのヒントを専門家に取材しました。また、排泄ケアに役立つ最新グッズをご紹介します!